あのな、
 居場所なんてものは探すものじゃないんだよ。
 作るものだ。




 なんて強がってみせる元気も、今はない。
 ともかくも此処にいるのは事実であるからして、
 んで、
 なんであれ他人に強制されてのことではないのだから。
 くそったれ。
 と人知れず嗤い、
 そいつをそっとマスクのなかで笑顔にすりかえて、
 折り合いをつけていくほかはあるまいて。


 フツーにあぶねーやつじゃねーか。

 
 いつだって、いま居る場所が居場所なのだ。
 ひとまずは、
 わずかでも未来側にある、身近でささやかな愉しみを鼻の先のニンジンとしようか。
 そうしよう。
 そいつを目指して、ひたすら馬か鹿のごとくにゆけばいい。
 なにがいいんだかさっぱりなのだが。
 もはや考える気力もないのだし。
 そもそも馬や鹿は考えないものなのだ。
 たとえばそう、細野さんの特集が某国営テレビ局であるのだった。
 これは観なければ後悔するに違いないのだった。
 HUNTER×HUNTERの新刊が出るのだった。
 いい歳ぶっこいて今更ジャンプもないのだった。
 んが、
 もはや愛も憎も摩滅させるほどに待ち焦がれた、いわば腐れ縁ではあるわけで、これもまたちっちゃなニンジンだろう。だった。

 
 
 
 
 
 
 アメリカのプロレスラー、ランディ・サベージが亡くなった。
 プロレスには詳しくないし、
 とりたてるほど好きでもないのだが、
 幼いころから贔屓のヒーローを持たなかった闇生としては、
 サベージが居たころのWWFこそが、さながらそんな夢世界であり。
 といっても知ったのは成人後ではあるのだが。
 言ってみりゃスパイダーマンバットマンを大人が愉しむようなもので、
 サーカスの延長線上にあるエンターテイメントとして、光っていたわけ。


 型(カタ)が、きちんとあったのね。
 サベージには。
 正義側(ベビーフェイス)を演じるときも、
 悪役側(ヒール)をやるときも、
 どこか小ずるくて、
 うまくて、
 キレると汚くて、
 煽りのポーズも、
 ちょっとした振り向くときの肩の怒らせかたも、
 敵を指差すときの小指の感じとか。
 型になってんだ。
 登場曲があれだもの。『威風堂々』だもの。
 イントロでもう鳥肌よ。
 むろんWWFの脚本も痛快でね。
 恋仲の美人マネージャー(エリザベス)がついていて。
 彼女を盟友ハルク・ホーガンに奪われてヒールに転落。
 でホーガンとの敵対関係が続き。
 時を経て、
 ピンチのサベージを、客席からあらわれたエリザベスが助けて仲直り。
 やがて、結婚と。
 そういう大河ドラマのような筋書きを、数ヶ月またぎでやるんだから、たいしたものでしょ。


 決め技の直前、
 トップロープで直立して両手で天を指すあのポーズ。
 フラッシュを浴び、
 観客層立ちのなか敵選手めがけてダイヴするその飛行姿勢。
 WWF時代の彼は、ホントかっこよかったなあ。


 
 

 ☾☀闇生☆☽