それはたぶん良かれと思ってのことだろうし、
 まぎれもなく優しさとしてのことだろうけれど。
 だもんで決して憎めはしないのだが。
 凹んだ相手をはげましているつもりが、実は単なる自慢話に終始しているという哀しき事態が、ある。
 あっにもこっちにもある。
 俺だって頑張ってるんだぜ、的な。
 とどのつまりが、俺すごいだろ的な。
 輝いてるだろ、的な。
 もしくはあれだ。更なる不幸の例をあげたりしてさ。
 お前より下だったやつも這い上がってんだぜ、と。
 あのな。相手のキズの深さ次第ではこれ、逆効果なのだよ。
 凹みきった心というものはな、そんなあつかましさなんぞはことごとく裏返してしまうものだ。
 どれも「だからお前はダメなんだ」みたいな話にしか聞こえない。
 そもそもそれって、励ましにかこつけたてめえのガス抜きだろが。


 てかさ、
 お前ばっかしゃべくり倒してどうすんだという話である。
 よりによってメシなんか奢りつつこれやらかす奴。目も当てられないんだな。
 優位に立っての俺俺原理主義だもの。
 鉄壁よ。
 アジアの壁よ。
 ならば相手は孤独を深めるばかりだろうに。


 想像してみそ。
 心をへし折られたあげく、メシを与えられながら聞かされるお説教だぞ。
 すて犬。
 みじめ極まりないだろ?


 べつに他人がそのキズを見極める必要なんて無いのかもしれない。
 むしろ直視しないのが優しさなのかもしれない。
 けど、
 出掛かっている膿くらいは、出させてやろう。
 もうどっくどく出してもらおう。
 本音や、
 いや雑談でもかまわないし。
 どれだけ喋らせることができるか。
 開かせることが出来るかだな。
 胸の中で淀んでいる膿に、ちっちゃくてもいいから出口を作ってやること。
 すればおのずと流れが生まれる。



 な。






 ☾☀闇生☆☽


 具にもつかん感想だが、書いたら少し落ち着いてくるし。
 あたしにゃそこしか出口が無いのだし。


 声出していこう。
 声出して。
 なんか知らんが、出せるものは出していこう。