節電と自粛ムードのなか、連日、街の夜は暗い。
 派手な電飾看板と店内照明を慎むところが多く、一見開いているのか閉まっているのか分かりにくい店舗が多い。
 コトは有事なのだから、致し方ない。
 それは構わない。
 ただ、
 人びとが自粛ムードだの、被災地への同情に引きずられ過ぎるのはどうかと思う。
 例の『不謹慎』ブームのことである。


 パチンコ屋が叩かれている。
 電飾看板が、その目の敵にされている。
 パチンコをたしなむ同僚に聞けば、
 看板の電飾を落とし、
 店内照明も暗くして、
 客には整理券を配って入場制限をし、
 順番が来れば暗い店内を誘導されてその番号の台につく。
 その一角だけ明りがついていて、そこで粛々と玉を打つのだそうだ。
 ならばいっそ今は閉店してしまえという声さえある。
 不謹慎だと。
 娯楽産業にとってこの言葉がなによりつらいのだ。


 なんせあたしはエロDVD屋なのであーる。


 不謹慎を生業としている。
 恥ずかしながら、それで食べている。
 その収入から、わずかばかりだがこのたびの義援金を捻出したりする。
 先日、某AV女優さんのブログが、いわゆる炎上という目に会った。
 彼女にとっての、こんな状況でも自分にできるささやかなこと。その第一が、日々の仕事を普段通りにこなしていくことである。
 それで収入を得、
 むろん需要に支えられてのことだから、それを支持するファンがあり。という具合である。
 撮影のない日は、町から町へとイベントの旅に出る。
 だもんで、被災地にも多くのファンがあったはずであり、
 その商品を置いていた店舗も少なくなかったわけであり。
 顔なじみの店長さんやスタッフ、常連の顔も脳裏にはあることだろう。
 それらを呑みこんだうえで、いつものようにイベントの告知をした。


 こんなときに『不謹慎』だ。


 あっという間だった。
 「こんなときに」AV女優のブログをチェックしている自分の不謹慎は、どこへやら。
 繰り返すが我々は不謹慎や、不貞や、不倫や、不徳というところで食べている。
 すまん。
 言いたくないが、それもまた社会の一側面なのである。
 多面体である人間という生き物の一面でもある。
 硬直した全体主義下では肯定されにくいのだろうが、残念ながらそれを許容するお国柄に拠って立っている。
 それもまた日本だ。
 すまん。
 不謹慎ですまん。
 そんなこんなで、自粛されてイベントが流れたりする。
 商売あがったりである。
 断わっておくが遊びでやっているのではないのだ。
 いや遊び心には違いないが、
 断じてアハハオホホではないし、
 ましてや道端でやろうってんじゃない。
 専用のスペースを借りきって、
 腕利きの縛師やプロが参集して、双方同意のもとにおっぱじめる、ようするにお仕事なの。
 それも、お金を頂いた興業なのである。


 たとえばプロレス。という娯楽。
 格闘のプロが、
 いわば暴力ショーのプロが、
 リングというそれ専用の場所で興業を開いているが、こんなときに不謹慎なとは言われない。
 双方同意のもととはいえ、
 こんな有事に半殺しを見世物にしてるんだぞ。
 なのに、叩かれない。
 ばかりか勝利した選手が、リングの上からマイクパフォーマンスで被災地への思いを叫べば賞讃さえされる。
 同じことではないのか。
 どうなんだ。


 本編中に地震のシーンが続く野田の芝居『南へ』。
 こちらは開演前に作者が説明をつけ、そのうえで上演を続けているという。
 おっし。
 こんなときに芝居なんぞ、なんて声ほど役に立たないものはない。


 お笑いもつらいだろうな。


 このままでは娯楽にかかわる小売店は大打撃を喰らう。
 メーカーも、卸し先を失うから連鎖する。
 そんな一週間だ。この先きっと自粛難民が出る。
 言っとくが、あたしたちゃ有給もなければボーナスもない。
 一週間も経済活動を停止させられちゃかなわない。
 自助すらおぼつかないのであれば、救済なんかできっこない。
 断わっておくけど、節電や節約を拒んでるんじゃないのね。
 故意に被災者に対する不謹慎をやらかそうというのでもないのね。
 てか応援してる。
 当然だろ。
 


 たのむよ。




 ☾☀闇生☆☽