連日、ガソリンスタンドには行列ができている。
 昨日は延々と続くオイル待ちの車列を横目に、ケービの現場へと野猿街道を自転車でひた走った。
 ところがその列、交差点で二股に分かれてしまっているのだ。
 あれは、どちらが優先されるのだろうか。
 方や本線。
 方や左折並びでぐるりと巻いて。
 スタンドはまだ開店前なのだが、オープンと同時にもめなきゃいいと思った。
 にしても、どうだろう。
 あのなかに早急にオイルが必要な人ってどれくらいあるのだろうか。
 車種とそのドライバーの容姿からみるに、ぼんやりとした不安感からとりあえず給油しておこうっていうやつじゃなかろうかと。
 歩いたり、
 自転車はめんどくさいじゃんと。
 ついつい、そんな意地悪な思い込みをしてしまう。


 現場は職人さんが到着できずに中止になったりしているありさまだ。
 まずは、
 緊急車両はもとより、
 運搬の商用車を優先してくれないことには、日常がはかいかない。
 ましてや被災地への流通にかかわる一大事なわけで。
 節電へのクレームもそうだが、
 買占めなどは、
 まさに民主主義やら人道主義の負の一面が出ているのではないのかと思う。
 そこへきて、
 あれもこれも全て活かそうとするから、後手にまわる。
 多数派の自由とやらに気兼ねして処置が遅れる。
 言ってみりゃ鼻風邪の人も、いますぐ大量の輸血が必要な人も、すべて同時に救おうとするからである。
 鼻風邪のクレームなんざ、いまは聞き流すべし。
 あんなにまで平身低頭して「ご協力を」ってやらせさてるのは、馬鹿にされているようなものだ。
 おお恥ずかしい。
 いつまでお客さまあつかいするかっ。
 Yes,We Can.ではないが、
 てか、それをいま口にするのも恥ずかしいが、
 コトは俺たちのことである。
 空襲警報での一斉消燈よろしく権力だのみでしか節制できんのかよ。あたしたちは。


 我ながらなさけない。


 あたしゃ軍事に詳しくは無い。
 んが、
 消極的、かつ段階的な戦力の増強は、逆効果だったかと思う。
 クレームをおそれてぷすぷすやってんじゃないっての。
 があああっとやれ。がああっと。
 一極集中、短期決戦で。
 こっちゃ不意の空襲だぐらいに考えとくから、遠慮せずにやってくれ。
 今は鼻炎や歯痛はあとまわしにして、がん細胞をやっつけんことには。
 ね。




 ☾☀闇生☆☽



 追伸。
 思えば震災翌日。
 昨日とかわらないはずの電車の中吊り。
 そこに躍る海老蔵だエリカだという文字が、まるで異国のことのように見えた。
 本業のエロ屋は、どうやらこの国難でつぶれそうじゃ。


 三伸。
 素人のたわごとですが、
 福島第一原発の冷却。
 秀吉の高松城水攻めのように、囲ってひとつずつ、というわけには……。いかないんだろうなあ。