R−1。
 板尾のコメント、恐かったなあ。
 それにしても観客の反応が変ちくりんだったなあ。
 それから、ギター弾くひと。
 ネタ中のハウリングが哀しかったなあ。
 

 エジプト。
 えてして革命というものは、
 自由への希求が勢い余って無秩序という不自由へと陥りがち。
 して、
 革命後、
 それに辟易した民衆に望まれて、過度の保守化がおっぱじまる。
 いけね、壊し過ぎちった。というやつね。
 保守化が問題なのではない。
 それは摂理だから。
 過度の、というそこね。警戒すべきは。
 けど今回の場合、
 革命の前後をつらぬく秩序の要として、宗教と軍があるのがポイントだろうか。
 つまり愛国が、革命の支柱となっている。
 それが今後、どう作用するのか。
 三島が生きていたら、どんなコメントを残したのだろうか。
 とはいえ、
 これからが実は大変なのです。
 壊すのは、簡単。
 団結を生みやすい。
 構築は、至難。
 分裂を呼びやすい。


 さてさて民主化
 あけてびっくり玉手箱。
 出てくるのは親米か、反米か。
 

 

 だもんで、
 ついったーでいくら繋がっているとはいえ、外野から、担保もなしに『過度』に共鳴するのは無責任というものだ。
 そういうのは「自分ちとか、友だちの前でやってたらええんちゃう」。




 ☾☀闇生☆☽