ケーピの勤務中。
 目黒。
 人ごみに、でかい顔がひとつ飛びぬけているのが目について。
 それがぱっと見では男なのか女なのか判別できず、
 どこか松田優作の長男ぽくもあり。
 片桐はいりっぽくもあって。
 なおかつ妙な雰囲気を醸して、
 なんかデカイ荷物をかかえていたので、それとなく注意していると。




 もう中学生だった。




 こちらが気付いた、
 ということに気付いているようだったが、
 そのまま目の前を通り過ぎ。
 こちらは後ろ姿を見送ったわけなのだが、
 キャンバスのようなばかデカイ画材を抱えているので、
 いわずもがなお仕事の「資材」なのだろうことが、ばればれである。
 


 数時間後。
 同じ交差点を、強烈にヘビ顔してる女が横断してくる。
 つかれてるのか、
 怒っているのか、
 悩んでいるのか、
 喪服のように黒いいでたちで、
 ともかく、有無も言わさぬヘビ顔度だ。






 りょう、だった。

















 ☾☀闇生☆☽


 追記。
 映画版『クワイエットルームへようこそ』では、ちょい役ながらも、そのヘビ加減をご本人が自覚的にかましてくださっている。
 それを求めた監督松尾に拍手。
 あんがと。
 &
 蒼井優に嫌な女の役をさせたのにも、拍手。
 これはもう、拍手。
 みんなでそうやって可能性を広げなきゃだめだめよ。
 使い捨てになっちゃうよ。
 あくまで映画あっての俳優だ。
 映画に服従しなさいということだ。
 ひとつのイメージだけで使い切るなんて、エコじゃない。
 あらゆる可能性で使いまわせというのだ。映画の神。
 何の役でもスの自分に擦り合わせてばかりいるのも、それは演技ではないし。
 俳優に、唯我独尊の天動説を垣間見ることほど、つまらないものはない。
 実写版ヤマトの違和感とは、つまりはそういうことだしょ?



 不遜である。
 服従せよ。

 
 
 
 作品に、ではない。
 映画に、ね。