折も折、
 ブックカバーもせずに『ノルウェイの森』を読んでいる女のひとを、電車の中で見かけた。
 そのふたつ隣の席では、
 眉毛の剃りあとも青々としたアメカジの若者が、これまたブックカバーもせずに『罪と罰 後編』の後半を、それも神妙な面持ちで読み耽っていた。
 本はこっそり読め、
 とはたしか『葉隠れ』の言葉だったか。どうか。
 ようは見せびらかすなということだったと記憶するのだが。
 なんにせよある意味、無自覚の、という意味で対極である。


 仕事帰りに立ち寄ったいつものコンビニ。
 ふと見ると、店員がみなサタンの三角帽をかぶっているではないか。
 もとい、サンタの三角帽。
 ああ、今年もこの季節になったのだと、闇生は思う。 
 んが、
 例によって例のごとく、顔が死んでいるのだな。残念なことに。
 なんだろ、この罰ゲームのようなやらされ感は。
 でもってこちらの胸に沸々とうずいてくる、おかわいそうにという偽善感。
 けどこれは上記とはまったくもって異質で、自覚された羞恥なのであーる。
 

 つってもコンビニのサンタたちよ、
 この季節に、あからさまに独り酒な買い物をしていくのもまた、とてつもなく恥ずかしいのだ。










 と、
 えらそーに感謝しておく。







 ☾☀闇生☆☽


 そういや当時『ノルウェイの大森』という装丁までパロったのがありましたな。