尖閣映像。


 先の大戦で、
 戦闘も含む外交の実情の情報を、政府が統制、操作したことについて、戦後の反戦平和好きはさんざんに批判してきたのではなかったか。
 特にマスコミ。
 なぜ流出元を、称賛しないか。


 肩書きとしての地位や、
 法律や、
 マニュアルだのみだけでは、
 本当の権力は生まれない。
 作用しない。
 させられちゃたまらない。
 そんなんで義憤まで抑え込もうったって、そうは問屋が卸さない。

 
 流出の犯人探し?


 犯人て。おいおい。
 事なかれの主義の、
 つまりなんちゃって平和主義が、今日も国民に心の敗戦を続けさせている。
 おわっちゃいなんだ。あの戦いは。
 連戦連敗。
 無限撤退。
 

 こうしてすっかり冷めてしまった世論に、
 もとい国民の義憤に火をつけるための策略だとしたら、おもしろい。
 ひと芝居ぶったわけだ。
 外交とは、
 あくまで民衆の喝采という民主主義的支持あってのもの。
 独裁じゃないからね。お隣と違って。








 ☾☀闇生☆☽


 いわずもがな、
 独裁もまた、喝采から産み落とされるのですがね。