ひり出した、うんこを。。。
 

 すまん。
 のっけから、そんなノリでいこうと思う。


 いくぞ。
 ひり出した、うんこをな、
 半透明の袋にひょいと入れてだな、
 でもってこれはあたくしのうんこですよー、とばかりに署名して公道にさらすと。
 何の因果かしらぬが、おてんと様に晒すと。
 そんなことなのだと思うのだよ、ゴミ出しというのはさ。
 それが個人のものなら、その出し方に個人の脳みその具合が出るということなのだ。
 ならば、これがいち法人としてのうんこならば、と考えてしまうわけで。
 うんこが。
 脳みそが、
 会社の本性が、
 社員の本音が、
 公道にさらされているわけなのでえ。
 よってついつい勤務先のゴミを仕分けしてしまうのが、あたくし闇生なのであーる。
 なんせ事業系ごみには、社名を記したゴミ処分シールを貼るのだし。
 記名しない店舗もあるのだろうが、うちだけがしてなければ、結局南極それは同じことになるのだしい。
 ましてや、エロ屋のゴミなんざさ。
 エロエロ入っているんだしさ。
 バレバレでしょ?


 ね。


 てなことで、ミソもクソもいっしょくたにされたゴミ箱に手を突っ込んで、朝っぱらからごそごそとやっているのだから、当然のごとくに闇生は煙たがられるわけでありい。
 そりゃあ手を変え、品を変えして啓蒙に励んではきたさ。
 んが、現状は黙殺と言っていい。
 手間暇を増やすような輩は、おおむね嫌われるのだな。
 ましてやコトはマナーがらみだもの。
 それをつべこべ言うやつほど、うっとうしいものはない。
 だってそんなことしようが、しまいが、お給金変わらねえんだものね。
 ま、
 それはそうとして、


 例の尖閣問題。
 に端を発するレアアースのアレについてだ。
 大東亜戦争の看過できない敗因のひとつを、こう表現してもいいと思う。
 国際規模の兵糧攻め
 ならばだ、
 資源の輸出を制限されてあたふたする現状は、あれからなんら成長していなかったということではないのか。
 なにやっとんじゃあっ、
 と、悲憤慷慨する同僚の話を傾聴しつつ、
 ならば、資源ごみの分別くらいせーよ。と憤慨してしまう闇生なのであった。






 ☾☀闇生☆☽


 ケービで巨大団地につくと、そのゴミ収集所に住人の民度が丸出しになっているのがわかる。
 いやあ、ひでえわ。
 あれの片づけをしている職員には頭が下がるよ。
 で、
 その脇の甘さをついてよその住人が不法投棄していったり。
 金属系やダンボールをくすねに、裕福そうな謎の黒人が巡回していたりさ。
 はたまたご老人がゴミの海を、なかば溺れ気味に泳いで、沈んで、漂って、めぼしいものを探索されていたり。
 観察していると、いろいろ見えておもしろい。