その女性はいつも遠慮がちにカウンターの端に陣取っている。
 注文した酒が来るのをひとり静かに待っている。
 やがて酒が来るといたずらっぽく微笑み、
 ストローにちょっぴりと口をつけ、
 ひと息ついて、
 ゆったりと店を眺め、
 他の客を見るともなく観察して、
 カウンター越しに青年の接客をやわらかく見守る。
 そして、手のすくのを見はからっては彼に声を掛け、他愛の無いやりとりに笑い、ときにジョークで応え、ふたたび共有すべき話題を求めて視線を店内に遊ばせる。


 すまん。


 断わっておくが、
 酒はカクテルではなく、パックの焼酎であり、
 椅子は、蓋をした老人用カートであり、
 同時に彼女のマイカートでもある。
 そこはバーではない。
 コンビニなのだ。
 とどのつまり青年はアルバイト君で、
 レジ打ちや品出しをこなしつつ、ご婦人の相手になっているというわけ。
 むろん、そこは若い彼のことだ。
 ゆえにそれをむげに拒むわけにもいかず、
 といって、立場上がっつりと話し込むわけにもいかず、
 実際問題として仕事のほうから急いてくると。
 だもんで働きつつ耳を貸し、横顔で相手になってやっているという按配。
 有体に言って無愛想に話半分に受けている。
 それはきっとわかっちゃいるのだよ。彼女も。
 煙たがられているだろうことは。
 だもんで、接客の邪魔にならんように。といってもすでに充分に大胆な占拠行為なのではあるが、止むに止まれぬコミュニケーション欲を、ささやかな酒の魔法を借りてはそこで済ましているのだろう。


 これ、
 老女と青年店員だからまだギリギリなのだろうな。
 老人と女性店員では、あからさまに嫌がられる。
 おっさんならつまみ出されるに違いない。


 技術がすすめばすすむほど、ナマは遠のくといふ。
 いやいや、
 孤独を怖がっちゃいかんよ。
 それを嗜んでこそ知性だろうが。
 んが、
 それもまたナマの社交の場で蓄えてこそ、磨かれるものだったりする。


 にしてもね、
 コンビニで独り酒だもんね。
 女は強し。
 あたしにゃこういう大胆さはないからなあ。






 ☾☀闇生☆☽


 青年よ。
 映画の一場面でも観るように状況を客観せよ。
 愉しんでしまうがよいぞ。
 誰かさんのようにカッとなって壁蹴って穴開けたりしちゃだあめ。