この壁を、是が非でも貫くのだっ。
 とばかりにいい歳こいて、モノに八つ当たりしてしまった。


 てやっっ、


 と密かに壁をどついて穴をあけてしもーたのだ。
 なんという子供じみた。
 我ながら情けない。
 しかしながら寛容にも限度がある。
 いつもいつもハニワのように微笑んでばかりはいられないの。
 往々にして報告・連絡・相談のほうれんそうの怠慢が、この不肖闇生のなけなしの度量に付け込んでくるわけでえ。
 お人よしに馬鹿を見せよる。
 




 とはいえ、モノにあたるのはよくない。
 


 ☾☀闇生☆☽