そのうたが、
 つまりは歌自身が、
 本来どう歌われたがっているのかを問い、
 貪欲に探り、
 吐き出させて、
 つかむ。
 いや、それを己が肌のように着てしまうのだろう。
 生みの親も同然である作曲者の手から、
 こともあろうに解放してやろうとする。


(箱入り娘をプロデュースするように。)


 だからこの人の歌うカヴァーは、
 極めて個性的と捉えられがちだが、
 その実、微塵もテライがない。
 歌唱力を自負する歌い手によるカヴァーなんてものは、
 たいがいが個性の押しつけというエゴと、そのテライに押しつぶされてしまうものである。
 感情を込めて歌い込んで失敗したり。
 いや、
 込めるほどに、生煮えのエゴが臭いだしてしくじってしまうのだ。
 言いかえれば、
 技術にたのんで、
 その技術に感情がのまれてしまうと。
  

 彼女の歌うカヴァーが圧倒的なのは、
 音楽をする原動力に、歌への献身があるためだと思う。
 作り手の手から解放されて独立した歌は、
 やがてスタンダードとなって永久の命を勝ち取る可能性をもつ。
 その儚くも果敢な取り組みを、かなりの打率で結実させるのだから、恐ろしいオンナではないか。
 矢野顕子
 よく他人の歌を自分のものにしてしまう、と言われるが、違うな。
 自分のものになっちゃうんだ。
 あまりにカヴァー能力のお粗末な人たちばかりだもんで。


 もんでもんで。


 例のトリオ編成での『ばらの花』に、
 Youtubeで再会し、
 またしてもやられちまった闇生なのであった。
 名演で、
 絶唱だ。



















 











 

 こんな味だったっけな。


 ☾☀闇生☆☽






















立て続けに『すばらしい日々』で、のされちまえ。