友好?
 いったいそれはどこまで踏み込みあうことなの。
 分かり合う、
 と一口に言ったって節度と距離感を保たねば、結局のところ形を変えた『同化』をやらかすだけではないのか。
 二の舞。
 たとえ同胞であっても、
 完全には理解しあえないものだ。
 して、
 そういうものと踏まえるのが、分別というやつである。
 相手への敬意でもある。
 もとより私的にではなく、
 個人として、
 ひいては公的なお付き合いをしようというのだ。
 究極のところ、
 この分かりあえなさを分かり合う。
 分かち合う。
 そこに『友情』はあるんでないの?
 単に『付き合い』と言いなおそうか。
 馴れ合いや同化を目指しちゃいかん。
 主義化するな。



 抱擁と掴み合いとは、
 その実、紙一重なのだ。
 愛。
 なんてものがもしあるならば……、
 どうやらあるらしいのだが、
 本来はその肩身の狭い紙一重のはざまで、
 つまり、程よい距離感の風通しの中で、
 密かに回転しているもので。
 それは早く、強まるほどに、
 熱を帯びて静まっていくコマのように。






「ぼくの傷を見るなよ ぼくにあやまるなよ
 ぼくの傷を見るなよ ぼくにあやまるなよ
 あったかい クリームシチューを食べよう」
 by 糸井重里作詞/矢野顕子作曲『クリームシチュー』
 
 




 
☾☀闇生☆☽


 愛、とはまた柄にも無いことをのたまった。
 優しさ、と言いなおしたところで、やっぱ照れるしな。
 料簡。
 節度……。
 ううむ。