ははん。
 さては口減らしに取り掛かっているのだな。太陽め。
 今度ばかりはぶっ倒れると思った。
 作業開始そうそうから駆け回らざるをえない現場であり。
 けれどそれも午後からはひと段落ついて。
 しかも団地の改装工事だもんで、日影がある。
 熱風とはいえ、空気に流れがあるのもありがたかった。
 水分は、ゆうに二リットルは飲んだなあ。
 全部汗になって出ちゃったけれど。
 制服に塩をのこして揮発してしまったけれど。
 どうにか、今日も乗り切った。
 生来、
 夏は暑いほど好きだ。
 はっぴいえんどの『夏なんです』の世界にあこがれ続けてはいる。
 んが、外の仕事のときはつい恨んじゃうね。


 ただし、
 というかその分、
 まったくの他人との苦痛の共有・共感でもって、不思議と触れあいが増えたりして。
 ガードマンさんも大変ねえ。
 いえいえ、恐れ入谷の豆太郎にございます。
 しっかし暑いわねえ。
 にしても暑いっすねえ。
 もおお逃げ出したいくらいっ。
 逃げちゃってください。僕をつれて。
 通り過ぎる職人さんや、住人の方とのなにげないやりとり。
 それが気の紛らわしという、ささやかな風通しとなって笑顔が笑顔をつくっていく。


 くさいとお思いでしょうが、
 あの灼熱地獄で孤独でいると、
 ついネガティヴに陥って、消耗も早いのよ。


 ところでこの闇生、
 移動はできるかぎり階段を使うことを自分に強いている。
 まあ、
 遊びのようなもんです。
 横断歩道の黒いところ踏んだら地底に落ちて死ぬ、みたいな。
 あたしゃいまだに子供世界に棲んでいるもので。
 けど、市ヶ谷駅南北線から都営新宿線への乗り換えのアップダウンは、さすがにしんどいわ。
 どこかヒマラヤの山岳民族を訪ねにいくような気持ちになる。
 連日のこれで、あたしゃすっかり筋肉痛なのである。
 
 
 にしても、
 こうも暑いと、みな無防備になっていくね。
 大胆だわ。
 そのせいで目のやり場にこまるようなことも、そこかしこに溢れだして。
 こまるとはいえ、見てしまう。それもまたサガなわけで。
 んで、
 見つめればつい、ふにふにしたくなると。
 正直、たまらん。
 したい。
 ちょっとだけでも、ふにふにさせてくれんだろうか。
 所詮は行きずりなのだが。
 この暑さに免じてさ。
 今日も頑張ったんだもの。
 いやいや、
 いかんいかんいかん。
 その一線をこえてはならんのだ。
 この度はぐっとこらえて、ふにふにしないどいてやろう、
 ……の術。





























 という、愛。


 ☾☀闇生☆☽