あれえ?
 今回はジュニア、他人の話のアシストをひかえてますねえ。
 誰かの指摘があったのか。
 はたまた自分なりの改良なのか。
 いち出場者としての位置に徹してる。
 あれはあれで技術的な見どころとなっていたと思うのですが。
 

 ともかく、
 くどいようだが観覧席のゲストは、いらない。
 うるさい。
 時間がもったいない。
 深夜枠で、
 少人数で、
 こっそりと。
 かつてのあの雰囲気が、この企画にとっての正解でしょう。





 追伸。
 河本の、
 いつものあの細心の気配りゆえのリアクションも、今回はおとなしい。
 後輩が多いからか。
 オチのあと、素になってた一瞬が映ってて、面白かった。
 あと、
 過剰なまでの「緊張してまっせ」アピールも、いつもほどではなく。
 というのも、趣旨がびみょーにズレかけているような。
 その意味あいで、以下を危惧として記す。
 単なる「面白い体験談合戦」になってほしくはないのだ。
 奇人変人報告会とか。
 あくまで話芸あっての、でなくてはね。
 松本が、既出のネタばかりを披露するのは、それを意識してのことではないかと。
 つまり「何度聴いてもすべらない」というのが、あの夜会の重要なルールなのだから。
 あるいはどうだろう、
 ホストとして、
 他を食ってしまってはいかんという、ある種のわきまえなのか。

 

 ☾☀闇生☆☽