「仕事? んなもの選ばなければいくらでもあるでしょーが」

 
 当面のところ失業の心配のない人に限ってよく言う台詞を、ナマで耳にした。
 聞かされた。
 あれは自分に向いてない、
 これはつらい、
 それはきつい、
 だから自分に向いたのを、
 自分にあったものを、
 だなんて自分を甘やかしてるから、無いんだよ。とな。
 で、お決まりのこれだ。


「必死になれば」
「頑張れば」


 そうのたまった当人は長年、ご自身のメタボと格闘としていて。
 やれ、ナントカ・ブート・キャンプだ、
 ロデオマシーンだ、
 低周波マッサージだ、
 キャベツ・ダイエットだと、
 手を変え、品を変えして、
 されどいまだどれも続かない。
 同僚と食事代賭けダイエットまでするのだが、いまや一進一退、月替わりでおごり合うのが習慣となっている。
 そこにぬくぬくとあぐらをかいて、のおのおと鼻毛を伸ばしてござる。
 食事制限も、曰く、
 そこまでして生きたとして、はたして仕合せかいな、とな。
 んで闇生、
 とどのつまりが、おなじじゃねえかと思ったのだわ。
 職探しとね。



















 できねーことを、人に強いるな。
 










 ☾☀闇生☆☽


 てめえのことを棚に上げて、というある種の愛でのたまうならば、
 せめて恥らえ。