ものには向き、不向きがあるといふ。
 最近のバイト先で、先輩たちの口からやたら耳にするお言葉である。
「あの人は、この仕事に向いてない」
 …的な。
 きっと経験を積んだ人間ほど、他人のそれが見えるのでしょう。
 けど、
 その言葉に甘えてばかりもいられないという現状も、あるわけで。
 他人によるその手の評価は別として、
 何かにつけて、あれは向いてない、これは苦手だと当人がやっていたら、おそらくはキリがない。
 んじゃあ、何が向いているのだ、といえばだ。
 不肖闇生の場合ならば、実はなにも向いていないのだ。
 下手すりゃ、社会が、
 ひいては生きるのが、向いてないとなってしまう。
 なってしまったって、誰も痛くもかゆくもないだろうが、なっちゃうんだぞと。
 いわずもがな、やりたいことと、やれることの間には埋めがたい溝があったりもするわけで。
 むろん、そいつを埋める方向で、どーかひとつと。
 ひと匙、ひと匙のたゆまぬ地道の習慣化でもって、ゆくゆくはどーかひとつと。
 生きる以上は、おねがいすべきものなのだがあ。
 少なくとも、
 向き不向きで選択できるような、お偉い身分ではないのだな。
 

 たとえばこのケーピの交通誘導。
 四方八方の状況を常に意識して、
 車両と、歩行者の安全を気遣いつつ、
 その都度、優先順位をつけて、誘導していく。
 先輩には七差路の真ん中でそれをこなした猛者もいたよ。
 常に七方向と、
 刻々と変わるそれぞれの信号と、
 歩行者と車両の流れとスピードを感知しつつ、
 いまかいまかと10トン車を待ち構えるその姿勢は、
 つねに上体を振り子のようにゆらしていて。
 誤解を恐れずにいわせてもらえば、さながらスティービー・ワンダーかと。
 でもね、
 これってデスクワークや、小売店の受注発注なんかにも共通することで。
 ときに、制止を聞かずに突破しようとするのがいたり。
 そこには、
 宮本武蔵にならうところの「見」と「観」の極意が求められるわけで。
 それぞれの案件を個別に「見」ていているばかりでは、駄目で。
 全体をゆったりと「観」ることが肝要と。
 

 先日、談志の言葉をここに紹介させてもらったが。
 同じ内容を、彼は別の言葉でこうも言っている。
 状況判断能力のないやつは、馬鹿。
 でもこれは、鍛えられるものだと思う。
 生きることは、その瞬間、瞬間の状況判断の連続なのだから。
 









 そういや、
 どっかの国のソーリが、
 いまそんな交差点の真ん中で、あたふたしてますな。
 こっちを通すにゃ、あっちを止めねばならずと。




 ☾☀闇生☆☽