どうにもこうにも気になって仕方がない。























 壁のが。
 建物の廃墟ぶりとあいまって、なかなかの風情である。
 んで、その日の昼休み、






















 うんこのかけらほどの脈略もないが、
 古本屋の店先で衝動買い。
 くわえて無駄遣い。
 いわずもがなガチャポンだ。
 すくなくとも受話器の上に、小じんまりと品よく巻き上げられたそれに、ビックリするほどのリアルはないはずなのだが。
 まあ、せいぜいがそんなもんなのだ。子供の好奇心というものは。
 …という作り手の舐め方に、ほかならぬ昭和が臭ってしまって、かわいい。


 「いろんなところにくっつけていたずらだ!」


 屈託もなく、さながら戦隊ヒーローもののごとくに連帯をおしてくる、この爽やかさ。
 キャ〜の女子のやっつけ加減もまた、よしと。
 うん。
 よし。




















 で、














































 やけに空が沁みるのです。


 ☾☀闇生☆☽