ジェフ・ベックの新作が出たね。
 出たのよ。
 いまところ、ゆうせんで流れているのを仕事がてらに耳にしているだけだけど。
 相変わらず枯れない。
 ますます磨きをかける匠の域のあのスライドだか、アームだかのふわふわ感たらなく。
 はあ極楽、極楽。
 てか、つーんとして泣きてえ。
 バッキングでもストリングス的にそれをかましている。
 うっかりスチールギターかと思うくらいだわ。
 あたしゃ高田漣を連想してしまった。
 プロデュースにトレバー・ホーンてのがまたなつかしいわけでもあり。
 んが、
 気持ちエコーが利きすぎていやしないかい?
 んなこたない?
 好き好きだろうけれど。
 もうちょっと音の芯を出してもよくはないかい?


 ま、
 じっくり聴いていきましょうか。


 小説は松尾スズキの『老人賭博』。



 枯れるねえ。
 おもしろいけど、
 もう『宗教が逝く』のようにぶっ濃いのは、ぶっこかないのかな。
 あの頃のねちねち、黒々とした笑いは本作では希釈されて、
 そのぶんすいすい読み進められるわけなのだが。
 うん。
 なのだが…、
 再読にはいたらんと。


 同僚に録画してもらった『志の輔らくご in PARCO 2009』
 枯れてくねえ。
 いや、
 嗄れてくねえ、か。
 声がさ。
 大丈夫かな。


 しっかし、ぬくいねえ。
 ぬくいわあ。
 だもんで四月からケービは防寒着を返還。
 これで通勤の荷物が減ったのはいいが、たまに肌寒い日がありそうで、ちょっち心もとない。








 ☾☀闇生☆☽


 あ。
 四月ばか。
 嘘、つきそこねちった。
 
 
 さすがに「ぶっ濃い」は、日本語としていかがなものかと。