自転車の帰り道、
 i-podのプレイリスト『美奈子』を久方ぶりにクリック。
 名盤『Twilight Zone』収録の「さよならSayJustGood-By」。
 曲の大部分をファルセット中心の高音で歌いあげておきながら、結びの「さよなら」は得意の中低音に、ふと降りてきて。
 つぶやくように三度繰り返される。
 そこではっとなるのだ。
 このおっさんたら。
 不意に声をかけられたようで、振りかえりたくなるような。
 その余韻を向井滋春トロンボーン・ソロが引き継いで。
 これがまた絶品す。
 さながら『銀幕』時代の素敵な洋画のエンディングである。
 甘く、
 そしてほろ苦い。
 などと、いったいどっちなんだと。甘いのか、苦いのか。
 とどのつまりが、せつないのだと。
 もとより、桜並木の帰り道をいく自転車のケービ員だもんで。


 もんでもんで。


 などとまどろんでいると、その不意を突いてたてつづけにやられちまうぞ。
 『EXTREME BEAUTY』収録の「星の海」。
 逝く友を送る、渾身のあれだ。
 なんだ。
 絶唱だ。
 またしても圧倒されちまう。
 これだから『美奈子』を御無沙汰にしちまうのね。
 ながら聴きを許さないから、へろへろになる。
 にしてもだ、
 これほどの想いで送られるに値する人生って、どうよ。
 あたくしなんか、それだけで、ただただあたまが下がりますよ。


 そういえば、
 高橋幸宏がポップス路線をやったアルバム『Once A Fool』というのがありまして。
 そこに「昆虫記」という隠れた名曲があるのですな。
 誰も隠しちゃいないはずだが、まあ、きっとそんな扱いがよろしかろうと。
 この曲、作曲が細野晴臣
 作詞が、吉田美奈子
 で当然、ユキヒロが歌とアレンジその他もろもろと。
 贅沢でしょ。
 これの吉田美奈子の詩がよくてね。
 前のセンテンスの語尾を伸ばして残った母音を、次の歌詞のあたまにつなげていたり。
 暗闇の妖しさには、あの頃の細野さんと吉田美奈子のそれをよく反映しているし。
 これ、
 吉田美奈子自身が歌うバージョンが、無性に聴きたいのだわ。
 ぜったい合うでしょう。
 


 ☾☀闇生☆☽