漫画はね、
 とかく線だ画力だ、構図のうまさだ、パースだなどと語られちまうものですが。
 肝心なのは絵のうまさではないのです。
 漫画のうまさなのです。
 目的と手段を履き違えると、読み誤る。
 諸星大二郎が、大友克洋の画力で妖怪ハンターを描いてどうすんだっつう話である。
 セロニアス・モンクオスカー・ピーターソンばりに弾きまくって、はたしてあの、彼ならではの世界が保たれるのかと。
 キース・リチャーズジェフ・ベックで、
 あるいは志ん生圓生である必要は、鼻毛の実をほどもないのだな。


 むろん、
 高い次元での話ね。


 モンクと、ピーターソン。
 はたしてどちらがピアノをモノにしていたか。
 つまりは自分の言葉を自在に奏でたか。
 それは甲乙つくものじゃない。
 



 繰り返すがその絵が、
 はたしてその漫画に求められているものなのか、どうか。
 そこだ。
 決して画集を見ようってんじゃないんだからさ。



 ☾☀闇生☆☽


 ゆうせんで連日AC/DCが紹介されている。
 たまらんよ。
 ついつい店のポスに商品登録をしながら、アンガスのように足踏みでリズムをとってしまう、俺。
 

 てぃー! えぬ! てぃー!
 っおい! っおい! っおい!


 昔、あの半ズボン姿にひいた覚えがある。
 彼らを知ったのはLAメタル全盛期のこと。
 当時はコンセプトがいまひとつわからんかった。
 ボーカルはハンチングのおっさんだし。
 けど、
 たとえば萩尾望都の描くギムナジウムの『高級』美少年が、突如としてロックにやられてはみ出した。
 そんな背景を勝手に浮かべてからは、キャラの経緯にエロを垣間見て、とべるようになった。
 エイトビートロックのお手本中のお手本だね。
 これだけシンプルなのにグルーヴをつくるなんて。
 絶品なリフの宝庫だし。
 蛇足だが、
 彼らにトニー・ウイリアムスやウィル・リーは要らないし。
 ましてやスティーヴ・ヴァイもお呼びじゃない。