「その者、
 青き衣をまといて…」
 もうね、
 そのあたりになるとですね、
 我慢の限界って感じでえ…、






















 爆笑
 











 してしまうのだそうだ。
 言わずもがな、ナウシカのクライマックスのハナシである。
 それを「ぷぷぷっ」と堪えつつ話す年下の同僚。
 耳まで真っ赤にしてさ。
 そうか、
 笑っちゃうか。もはや。
 となれば、
 ぼくはしにましぇーん、とか。
 誰か助けてください、と同列になってしまったのね。ついに。
 そこに至るまでの起承転結、紆余曲折、因果応報、諸行無常、西高東低、短小包茎ケーシー高峰、などなど。
 それら念の入った前戯をそっくりすっ飛ばしにして、笑っちゃうわけね。
 ははん。
 まあね、
 アツイものは冷笑でかわしておくのが無難なのだろうさ。
 そうしときゃ、胸、がっつりもっていかれて、眠れない夜を連ねることもないのだろうさ。
 かく云うあたしだって、
 いや、
 この一億総大衆化の時代(段階)にあっては、こんな冷やかな視点から逃れられる人は稀なのだろうけれど、
 相対化の蟻地獄の底で、空しくもがいているわけで。


 その昔、
 温水洋一が在籍していたころの劇団大人計画のハナシを、する。
 松尾スズキが率いるこの一団が、テレビでネタをさらしたことがあった。
 いわば飛ぶ鳥を落とす、演劇界の若手注目株としてのことだ。
 松尾らは、観客を入れてのスタジオライヴの形で、コントを数編披露したのだが。
 そのなかに、執拗におすそ分けをしてくる、言ってみりゃ有難迷惑なお隣さんを描いたものがあって。
 そのブツというのが、決まって腐った生もので。
 しかもただならない異臭を放っており。 
 しかしそこはひとつありったけの社交術だ、
 つまりはお付き合いの笑顔で押し頂いたのちに、密かに、確実に、念を入れて破棄するのだが、なぜかそれがタマタマ送り主にみつかってしまうという。
 土中深くに埋葬しても、たまたま発掘されてしまうし。
 海に捨てても、たまたま引き上げられてしまう。
 よりによって、送り主に、である。
 して、贈呈したはずのおすそ分けを拾ってしまったその隣人は、ご丁寧にもそれをまた届けてくれるという、そんなコントであった。
 そのアリガタ迷惑な隣人を演じた温水は、さながら三種の神器のごとくに、拾ったおすそ分けを頭上高々と捧げ持ってやってくるわけ。
 ただならぬ情念をたぎらせた、一個の善意として。
 客席の奥から、ステージへと。
 そのたびに繰り返し流れる音楽が、なんと巨匠ベルトルッチが監督した『シェルタリング・スカイ』の、あの悲壮な旋律だ。
 坂本龍一が担当した映画音楽の中でも、おそらくは最も完成度の高いシロモノで。
 切実なまでにシンプルで、求道的なまでのあのテーマが温水の善意に問答無用の凄みをきかすわけ。
 不肖、闇生。
 映画本編を観る前にまず音楽だけで泣かされてしまったのだが、このコント以降、温水のビジョンに苛まれてしまう。
 ヌクビジョンにやられる。
 そんな自分の記憶の体たらくを、恨んでしまう。
 ったく。
 温水め。
 嗚呼。


 青き衣を笑った同僚も、それを友人に教えられてから、という。
 残念なことにこのキョージュの代表曲は、いまや闇生にとって、温水と切っても切られないモノとなってしまったのであーる。
 




 ☾☀闇生☆☽


 まてよ。
 ってことは『カリオストロの城』であまりにも有名な、ラストの銭形のセリフ。
 あれなんかもやはり…。
 いまや…。