安全。
 そう、第一に優先すべきは安全なのであーる。


 安全 + 第一


 それはケービの勤務中――、
 工事現場といえばおなじみの黄と黒のツートーンカラーのバリケード
 そこに黒々と、
 かつふてぶてしくも印字されたこの四文字を、寒風になぶられながらみつめていて、闇生はふと気づいてしまった。
 ややっ、
 安全の中に女王が、
 鎮座ましましておる、と。


 安全。


 その瞬間、本業のエロDVD屋のモードに引き戻されても、やむをえまい。
 いやなに、不思議なのだわ。
 ここのところ尿道バイブや、尿道責めものが急激に数字を伸ばしているのね。
 だもんでそれらをケービの勤務中に想起したとしても、なんなんだ。
 いいじゃないか。
 いや、その購入されていく商品のなかで、
 もしくはモニター越しに連動し刷り込まれていく視聴者の尿道近辺には、おそらくは麗しき女王が――。
 それがリアルのそれであれ、
 妄想のそれであれ、
 ともかくも女王と下民のパワーバランスらしきものが働いていたのではないかと妄想するのも、本日の任務がヒマくさかったからであり。
 そもそも国民も配下も領土さえも持たずに君臨する女王に、なにが哀しくて我がが尿道をゆだねるのか、という疑問がむっくりと鎌首をもたげるものだろうが。
 そんな鎌首、ちょんぎってしまえっ。
 と、尿道もろとも女王の手の中へ捧げちまう。
 心酔とはそういうものだ。
 理屈も根拠もへったくれもなく、なんであれ、求められればともかくもゆだねるものなのだ。
 滅私。
 という自己愛。
 それだけをらぎとして。 
 してそこをM道、
 ならぬ尿・道と呼ぶのだよ。



 と、寒さに付け入られてしょんべんをするたびに、思っていたのね。
 ゆだねますか、こいつを。
 拡張しますか、こんなとこを。
 キャンドルスタンドになるまで。





 ☾☀闇生☆☽
 

 寒いね。
 仮設トイレがある現場は、助かるわあ。