注文しておいた折りたたみ自転車が届いたので、さっそく試運転。
 休日だが現場までの道を覚えておこうと、一時間かけて北上してみた。
 これがさあ、思っていた以上にクッションが悪くて、ケツがいてえのなんのって。
 つくづく段差というものを思い知った。
 それでもどうにかこなしつつ、無事現場に到着。
 近くの公園のベンチでメシに。
 陽だまりにハトが群れていて。
 ママさんが、四歳くらいの娘と鬼ごっこをしていて。
「まてえええっ」
 のどかな昼下がりに、逃げ惑う子供の声がこだましていた。
 ああ、なんと平和な。
 そう思いつつサンドイッチにくらいついたその瞬間だった。
 逃げていた女の子が、目の前でついに捕まった。
「うわぁぁぁぁぁ゛」
 とたんに号泣である。
 どうやら追ううちにママさん、ちょっとムキになってしまったらしい。
 子にしてみれば、大人の夢中の形相は、グロテスクである。
 つまり娘は本気でママに恐怖していたのだった。
 それはともかく、サンドイッチをパクつくあたしの鼻先に、号泣する幼児だ。
「なんで泣くのっ」
 泣きやまないんだ。
 でもってママをぺちんっと叩くんだ。
「なんでつかまえゆのっ」
 ママさんも我に返って「ごめんごめん。でも泣かなくったっていいじゃない」。
 てか、あたしの前で、やめて。
 表情に困るわ。
 好々爺然とした笑顔でいるしかあるまいて。


 幼児にとって親は世界そのもの。
 恐怖も平穏も、多様にひしめいてそこにある。
 




 にしても、ケツがいてえ。






 ☾☀闇生☆☽