「こんなの置いてるとこなんて、渋谷中さがしてもほかにないよ」


 スパイク・リーの初監督作品『ジョーズ・バーバー・ショップ』。
 彼が卒業制作として撮り上げたその作品は当時VHSとして商品化されてはいたものの、知る人ぞ知る、通好みのものだった。
 そのパッケージを手に、おっしゃったのであーる。
 ICEの宮内さんは。
 いや、ひょっとするとまだICEではなかったかもしれない。 
 場所は渋谷のはずれにあるちっぽけなレンタルビデオ屋。
 あたしはそこの店長をやっていて。
 面白い映画ほどジャンル分けが困難なはず。という揺るぎのないこだわり、というかわがままを押し通して、陳列はほとんどを作家別に分けていた。
 我ながら偏屈であったと思う。
 一部のお客さんからは苦情までいただくほどでもあった。
 けど、『ゴッドファーザー』も『風と共に去りぬ』も、ジャンルなんてどうでもいいでしょ?
 『シャイニング』を単なるホラー扱いにはしたくないのは、映画への愛情であるつもりなのよ。
 して、そんなことだから、常連である宮内さんからの言葉はことのほかありがたかったわけ。














 はやいもので二年。


 入魂の単弦カッティングは、脳髄で喰え。





 ☾☀闇生☆☽