職場の上司がシーバス釣りに凝っていて。
 週末はいつも船をチャーターして、東京湾でなんちゃって松方弘樹である。
 はて、シーバスとはなんぞや。
 成長につれて名を変える出世魚で。
「セイゴ」→「フッコ」→「スズキ」と成り上がるしろもの。
 これをルアーでやっつけるのだという。
 成魚は全長八十センチ以上にもなって、釣り上げるとさながら『ハトヤ』状態だ。
 で、実際、その上司がそれを釣り上げる動画を、見せられた。


「なるほど、ハトヤですね〜」
「はははっ。ハトヤですかあ」
ハトヤですとも。電話はヨ・イ・フ・ロっすわ」


 あえなくリアクションのボキャブラリーが尽きた。
 けど、なんでシーバスと呼ぶのか。
 食卓にのぼるときにはスズキで統一されているとは思うのだが。
 シーバスのあらい、
 シーバスの刺身、では確かに食欲をそそられん。
 遊戯としての釣りのスポーツ感が、生々しいもんで。
 


 ともあれ、
 他人に自慢できる趣味があるということは、しあわせもんである。
 あたしゃ今日もバイトだよ。


























 はい。
 

 ☾☀闇生☆☽