西荻に行ってきた。
 石川浩司プロデュースのレンタルボックス
 写真は、そこに作品を展示している作家のもので、闇生が今回購入したものであーる。
 ゴーレムと葉っぱは、そのひとり。ケンミジンコ氏の作。
 今週水曜まで二号店で開いていた特集展に出されていたもので、闇生はさきに予約しておいたのであーる。
 また、個人的に、ちょいとばかし関係のある人でもあるわけであるのである。
 あるある。
 ともかく、
 彼の作品はどれも磁石仕込みの粘土細工であるからして、冷蔵庫なんかにも付くし。
 ゴーレムの腕も着脱可能だし、乗っている歯車もいろんなところに付けられる。
 ちなみにゴーレムがひっついている土台は、100円ショップで買った穴あけパンチだ。
 ゴルフショップがゴルフ道具を売るからといって、100円ショップが100円玉を売るわけではないらしい。
 文房具も売る。
 んで、
 カメはというと…。






 




 あ。
 














 どーよこの、ぷるるんとした、グミっぽい後ろ姿は。











 そうこの猫のブローチのとこにあったから、同じ作家だとは思うのだが。
 MAMBOW★no.5という名前だとのこと。
 なんかこの柑橘系の、ぷるるんっと食べごろな後ろ姿にやられてね、
 にっちもさっちもいかなくなった次第よ。
 とまあ、
 写メの練習もかねて、おのぼりさんよろしくアップしてみたわけだが、うむ。
 われながら寂しいと。


 本は、
 今日、立川談志の『談志最後の落語論』を読み終えたところ。
 そもそもスポーツや芸能というものは『非常識の肯定』という、庶民のガス抜きの役割を果たしていたと。
 いうまでもなくそれは常識あっての非常識なわけである。
 ところが現状は、常識でもなければ、もはや非常識でもないところを漂流しているようで。
 庶民はこぞって大衆化し。
 みんながみんな評論家となって…。
 まあ、いいや。
 落語立川流家元立川談志の総決算を、プログの末尾でちゃちゃっと片付けようってのが、失礼なハナシである。
 たるんでおる。
 

















 めっ。











 ☾☀闇生☆☽