ネガティヴはいつだって合理的にコトを運んでくる。
 おそろしいほど精確に。
 最短距離で。
 して執拗に。
 ポジティヴは、それへの抗いの積み重ねの先にちらりと見えてくる、はず。
 生きること、とはそんな営みだ。
 文化とは、そんなこんなの無駄の産物にほかならない。
「合理的に生きる」
 現代人の心を蝕むのは、その矛盾だろう。
 


 無駄をおそれず、
 無益を嘆かず、
 唾棄すべきは、楽をしたがるテメエのなかに。



 笑って汗をかけ。

















 汗をかけって。







 














 
 ダイエットにはげむ君へ。



 ☾☀闇生☆☽
 
 




 
 いや、その他もろもろにはげむ人にも。