ケービ士のバイト。
 四日間の研修を終えたその翌日から本業の出勤をはさみ、んでようやく本日健康診断を終え、制服および装備品一式を預かった。
 ほら、
 あの赤くてピカピカ光る誘導灯とかさ。
 トラックに踏まれても大丈夫な安全靴とかさ。
 あとはケータイのメールに仕事が入り次第、いざ出勤という運びである。
 なんでも在籍確認とかいうのが済み次第、そういう流れになるそうなのだ。
 いやあ、正直めんどくさいわあ。
 なんやかんやと何枚もの書類に住所氏名を書かされて。
 誓約書だの、なんだのとさ。
 ハンコ押したり。
 住民票やら本籍地から取り寄せた身分証明やら、またしても顔写真やらと提出して。
 書きまくりよ。
 でもって厳格で冷徹なる上司に、あれこれ間違いを指摘されてさ。
 実はね、
 今日は制服合わせだけだと聞いていたし、持ってこいとも言われなかったから、規定インナーであるところのワイシャツを持参しなかったのね。闇生は。
 いやあ、まいったわ。
 そうと知って、ドン引きする上司たちの、あの空気ったらもお。
 失笑してるのもいたし。


 やっちまったぜい。


 だははは。
 この歳になって、あそこまで上から目線の滝つぼに突き落とされるとはね。
 上司はみんなはるかに年下だし、うっかり溺れかけた。


 つれえよ。嗚呼。


 そうだ、
 聞いていなかった、と言えばだ、健康診断の前に飲食するなというのも、あたしだけ聞いていなかった。
 まあ、しれっとして受けてやりましたが。
 しれっとしたところで数値には出ちゃうのだろうが。
 こうなったら気合でしれっとしたろうと。
 朝は山菜そばに卵を落としたのをがっつり頂いたし。
 昼前には姉貴から送ってもらった巨峰をひと房、たいらげたった。
 ジューシーの極みに酔いしれつつ、気づいたらまんまと完食という体たらく。
 どうだ。
 それがどう結果に影響するのかは、あたしの知ったこっちゃーない。
 今となっては、あたしのマジの、全力の、大人のしれっと力に賭けるしかないだろう。
 
 
 それはそうと、
 職場もまた共同体でござる。
 職場が変わればルールも変わる。
 となれば、何でもかんでも奔放にふるまっていたのでは、はみ出ちまうわけで。
 てか、出ていかざるを得ない。
 けど、こうまで杓子定規が厳密だと、さすがに怯んでしまうものでね。
 んが、それはつまりいい加減ではない証拠であると。
 そういうことにして、様子を見ようと思うのだな。この度は。
 というのも、きっとどこへ行こうが五十歩百歩なのだからして。
 闇生は、闇生の身の丈でやりくりするしかないのだ。
 泳げないのを川のせいにして、海に行ったところで同じことと。
 びびり出したらキリがない。
 と書けば書くほど、つまりはおまえ、びびってたんかいと。
 実は帰路、
 装備品をぎっしり詰めたバッグを背負って立った満員電車のなか、本部の冷たい空気を思い出しながら、あられもなく怯んでしまったのだ。
 なんだ、この現実はと。
 俺って、こんな終わり方なのかと。
 

 そらみたことか。


 今日はミカバンドのライヴを観たり、聴いたりして。それから寝ようっと。
 Live in London.
 言っておくけど、すげーよ、このライブは。
 バンドが一丸となったうねりにさ、目ぇ回される。


 なんか外は風が強いね。







 ☾☀闇生☆☽


 今日、健康診断などをご一緒したのは、女性のかた。
 何ごともひとり言をしながら、ひとり合点していく癖のあるお方。
 ぶつぶつと疑問を抱いて「あそうか」と解決するような。
 別に珍しくはない。
 けど別れ際、上司がそれを気にとめて首をかしげた。
 あ、そうか。
 エロDVD屋という職業柄か、お客さんにも、店員にも、一癖も二癖もある方に出会う機会が多い。
 して、
 それにいちいち目くじらを立てていたのではかなわないわけで。
 ケービ士もエロDVD屋も、門戸の低さと広さはどっこいどっこいだろう。
 だだっぴろいとったら、ない。
 しかしケービ士は仕事柄、それらを型にハメて矯正していかなくては、にっちもさっちもいかないわけ。
 そんな人、余裕でいるよ。と思いつつ、それに対してこれ見よがしに首をかしげてみせるのは、彼の若さなのか。あるいは職務柄なのかと、首をかしげた闇生なのであった。