新しい職場環境というのは、たとえ社内の移動であっても、やはりそれなりにストレスを背負い込んでいるらしく。
 一日が長く、重い。
 勝手が違って、ちょっとした雑務であっても、
 アレはどこ?
 コレはどこへ?
 ソレは何?
 オレは誰?
 といちいち迷子になってしまって、そのたびに周囲に質問ばかりしている。
 まったくもって困ったちゃんだ。
 そのわりには、なんらはかどっておらず。またそれを自覚しているから焦りも出てしまうわけで。
 貢献が自他双方に認識されて初めて、人は集団のなかでゆとりを持つのだろうが。
 まことにもって我ながら情けないと思うのだが、仕方もないのであーる。
 調度、履きなれた靴を買い替えたようなものなのだ。
 しっくりとなじむまでは時間がかかるし、マメや靴ずれだって作るに違いない。
 なんせ靴に足を合わせなければならんのだから。
 もちろん、紐の結びを変えたり、中敷きを調節したりもするが、原則的にはそうなってしまうもの。


 そのうえ、
 ダブルワークのバイトが、明日からなのだ。
 そちらの就業時間にあわせて、前もって起床と朝食のペースを変えているのだが、これも決して楽ではない。
 そんなこんなであるからして、読書に集中できない日々が続いてもいて。
 ネガティヴな雑念がね、なんじゃかんじゃと茶々を入れてくるのよ。


 おそらくはあたしを受け入れる側にだって多かれ少なかれ、そしてそれがポジティヴな性質であれネガティヴな性質であれ、なんらかのストレスにはなっている。
 関係というものは、そんなこんなのキャッチボールで成り立っているのだし。
 してキャッチボールのコツは、相手の受けやすさを考えて投げることだ。
 投げやすさを意識して、構えることだ。
 遠慮のし過ぎは、かえって邪魔っけで。
 といって、ひとりよがりをこじらせて暴投ばかりしてたんじゃ、楽しくない。


 などとのたまいつつ、もはや眠い。
 そんなキャッチボールをしそこねてきたから、おまえは独りなんだろうがと。
 だもんでここで壁打ちテニスばかりしているのかと。
 ツッコミつつ、眠るのだ。
 明日も早いぞ。
 早く寝な。




 ☾☀闇生☆☽