期日前投票に行ってきた。
 

 で、
 

 おそらくはこの投票の時点で多くの人が気づくのだと思う。
 総選挙は、最高裁判所裁判官国民審査の投票も、兼ねるのだということを。
 いろいろと問題があるこの制度ですが。
 ずらりとその裁判官の名前が記された用紙を前に、いったいどうしたらいいんでしょうか。あたしたちは。
 政治家の政見放送はなにかと見かける。
 そりゃもう、くどいほどに。
 んが、
 裁判官のは無いよね。
 たしかにカメラに向かって
「庶民の視点で頑張りまっす」
 なんて握りこぶしを突きだされても、なんだかなあですが。
 よって、誰がどんな判例に携わってきたのかなど、多くの人が意識できていないのではないのか。
 でいながら、
 いずれかの名前の上に×を記して不信任を示せというのだな。
 知らなければ記せるはずもなく。
 名前の画数やサイコロで決めるわけにもいかず。
 ましてや顔も知らない。
 で、何も記さずに提出となると全員を信任とみなされてしまう。
 どこか腑に落ちないとは思いませんか。
 これから先、
 なにかと国辱的な判決も目立っていくかと思われ。
 となれば、決しておろそかにはできないことで。
 この制度ひとつをとっても、現ケンポーにはホコロビがあると思われ。


 おもいおもわれ。


 帰りは電車賃をケチって歩いた。
 炎天下を四十分。
 調べたら住宅街を縫う小川沿いに帰れると判明したのであーる。
 河辺の植物が青々と生い茂っていて。
 降りしきる蝉の声と、
 セロニアス・モンクを道連れに。
 Ruby My Dearのコールマン・ホーキンス
 効くぜ。
 世代の若いコルトレーンのプレイなぞ、どこ吹く風にブロウしやがるのだ。
 この時点でホーキンスのスタイルはすでにオーソドックスとみなされているはず。
 けど、この頑固おやじの艶といったらないのよ。
 むせかえるほどにセクシーで。
 久しぶりにしびれたっす。









 ☾☀闇生☆☽


 かつての革新が時を経て、やがてオーソドックスに。
 おっさんのセクシーはその道程に育まれる。
 変革の作法にさ。
 老舗のラーメン屋は、その実、常連にばれないようにちょっとずつ味を変えているという。
 同じ味なのに飽きないのは、それがためだ。
 良きオーソドックスとは、そういうものである。
 川の水は、淀めば腐る。
 流れ続けてこそ川。
 保守が死ぬのは、その精神を忘れたときかと。