ドストエフスキーの『罪と罰』。
 亀山訳版がついに出そろったのね。
 どうせだから再再読は、この新訳版でいこうかとたくらんでおるのです。
 難解のようで、
 いや深いには深いのですが、
 構造的には刑事コロンボと同じ、と言ったのは野田秀樹だ。
 つまり冒頭で犯人とその犯行が示されて、それから始まる物語と。
 

 そのまえに知的娯楽小説の大傑作『ガダラの豚』をやっつけてるところ。
 こちらも再再読。
 現在、血沸き肉躍る三巻目。
 これはかつて、
 人のなりをした素敵な存在に、薦められてはまったのである。


 はめられちゃったのである。
 素敵に。




 ☾☀闇生☆☽


 敬称略。