その『The City Of Light』というタイトルと、
 発売日と、
 歌詞の端々、
 たとえば、路地へ永遠に焼きついた人の影を連想させる箇所などから、これは広島・長崎へのメッセージではないのかと。そんな解釈をされた方の書き込みをWEBのどこかで見かけた。
 ちょうど一年前にHASYMO名義で発表されたYMOのシングル曲である。
 いわずもがな、歌詞の解釈を限定してしまうのは避けたい。
 すべきでもない。
 それがたとえ作者であってもだ。
 光の当て方次第できらきらと姿を変える複雑な多面体であることが、作品の完結を遠避けて、表現と解釈の関係をいつまでもぬくぬくと生きのびさせる。
 ならばせめてこの日に免じて、今日ばかりは、そういうことにしてしまおうかと。




 ☾☀闇生☆☽