気づけば隣に少女がいた。
 小学校の低学年か。
 悪戯っぽくほくそ笑んで、こちらをうかがっている。
 シャンプーをしてもらったばかりのあたしは大いに戸惑ったが、寡黙な客であることを心がけた。
 しかし、店主に肩を揉まれながらふと見ると、少女はそれを真似てみせている。
 もみもみ。
 もみもみ。
 エア床屋。
 なあんだ。この無愛想きわまりない、ここ壁の言の葉で再三にわたって不機嫌な古田新太似のマスターだと表現してきた彼も、人の親だったのだ。
 どうやら少女はその娘らしく、
「パパ…」
 こっそりと囁く声が、耳の底をくすぐった。
 夏休みで、持て余した退屈のやり場を父の仕事場に選んだのに違いなかった。
 

 パパ、大好き。
 

 声をこらえたその笑顔に、そう書いてある。
 正直、マスターの至極ぞんざいな態度には毎度戸惑わされるばかりで、闇生は彼の勤労意欲を疑ってもいたのだ。
 して、そんなことだから、きっと独身者に違いないと。
 ようするにてめえのほかは二の次にせずにはおれない、有体を言えば背負うもののない輩であると思いこんでいたのだが…。
 すまんかった。
 娘をもってなおそうであるとするならば、そのぞんざいに悪意はなく、きっといろんな意味で不器用なのだとおもう。
 かつて客に笑顔がきもいとののしられ、まったくもって好かれないあたしとしては、大いに同情すべきかもしれない。
 んが、
 それはそれで身の程知らずかもしれず。
 ならばいっそ商売人ではなく、寡黙で実直な昔堅気の職人たれと願わずにはおれんわけで。
 




 ☾☀闇生なわけで☆☽