若手の女芸人が、
 深田恭子の口許の真似するといってマイクを握った。
 カメラがそれに寄り、
 会場の巨大モニターに彼女のくちびるが大映しになる。
 それは言葉と言葉のあいまに、フカキョンが舌で前歯を拭うという、めちゃくちゃちいさなモノマネである。
 はたして本物のフカキョンがそんなしぐさをしていたかどうかは、思い出せないが。
 てか、たぶんしてないが。
 舌が、閉じた唇のなかで艶めかしく蠢きやがる。
 それを繰り返し見せられているうちに、否応もなくエロいなと。
 そんな連想が観客席の野郎どもに火をつけた。
 唸り声が、地鳴りのよう。
 芸人はここぞとばかりにそれを煽った。
「もっと、どうどうと笑おう。さあ、勇気をもって!」
 舌が蠢く。
 野郎が唸る。
「もっと元気にっ」
 舌が蠢く。
 野郎が吠える。


 そんな夢だった。
 きっといびき防止のマウスピースをして、しゃくれ気味に寝たからに違いない。
 芸人の真似るフカキョンは、受け口であった。


 マウスピースを使うようになって、夢をみることが多い。
 そのどれもが悪い夢ばかりなのだが、今日のはまだマシか。
 

 『イノセンス』を観直す。
 印象的な、
「孤独に歩め。林の中の象のように」
 という言葉は、たしか釈迦のものだったか。
 バトーが犬の世話をするシーンは、いやはやなんとも、沁みるねえ。
 前作のフラッシュバックが頭の中で連鎖して、
 ちりちりするわ。


 孤独に歩め。
 ヘンリー・ダーガーのように。


 若くして精神障害と診断され、
 押し込まれた施設を脱走し、
 たどりついた病院の掃除婦として働きながら、
 人知れず絵を描き続けた彼。
 現在のようなネットもメールも、プログも、ツイッターもなく。
 ならば、
 夢はきっと、向こうから訪ねてくれる、かけがえのない友だちに違いない。
 歩みはひっそりと、
 されどその足跡はしっかりと。






 ☾☀闇生☆☽


 にしても、
 フカキョンかあ。
 まったく意識したことなかったわ。