明け方の豪雨。
 どしゃーっと、爽快だった。


 日没後のウォーキングはプレイリスト『Fusion』と共に。
 実は十代のころはだめだったのね、このジャンル。
 ツェッペリンとかを聴いていたから、もっとがつんと来いと。
 おそらくはサッカーを見る目でラグビーや野球を評するような。そんなことになっていたのだと思う。
 ジャズやフュージョンに、ロックを求めていた。
 のちにジャズに惚れて。
 ロックとの仲人をジェフ・ベックがつとめてくれた、


 みたいな。
 

 おかげで腑抜けに聴こえていたパット・メセニーすら、いまではフェイバリットさ。
 その功労者として、矢野顕子の『Love Life』が燦然と輝いているわけだ。
 わけだ、なんて偉ぶっているが、収録の「愛はたくさん」のパットのギターシンセソロにやられちまったのだな、あたしなんかは。
 ころりとね。
 イカされたよ。
 へろへろに。
 で、痛感したのだ。まずロックギターありきで音楽を求めるのが、そもそもの誤りだったのだと。
 ましてやタル・ファーロウジム・ホールウェス・モンゴメリーに直結する硬派なジャズギターを求めるのもまた、見当違いで。
 まずその偏見自体が、すでにジャズを見誤ってもいるのだし。
 

 パット・メセニー・グループのライヴ盤『The Road To You』収録「Third Wind」。
 その熱狂に煽られて、復路はジョギングに。
 とばせとばせと、足が勝手に前へ前へと。
 風がほしけりゃ走ればいい。
 嗚呼、たまんね。
 




 帰宅の間際。
 開け放った網戸の向こう。
 ご近所の居間で、少年がゲームに興じていた。
 関取の蹲踞(そんきょ)の姿勢から両膝をついたような。
 いってみりゃ武士の割腹の姿勢で、画面に食いついていた。
 なるほど、生死を争う構えとみた。


 夏だねえ。




 ☾☀闇生☆☽