準備は悲観的に、
 して、
 行動は楽観的に。


 これ、たしか映画監督の伊丹十三が創作のこころがけとしていた言葉だ。
 けれど、オリジナルは他のだれかだったはず。
 きっといろんな人が言っている。
 

 この、行動の前の下準備なり、推測なり、危険をまったく考慮しないのは、単にギャンブラーなだけだ。
 けれど、可能な限りの予測と準備をしたあとなら、行動はもう、するしかないわけで。
 なるようにしかならん、というのはその境地でこそ吐かれるのでしょう。
 したらもう、前を向いて無心に。


 んで、気付くのよ。
 悲観とは、行動を楽観的に起こすためのため込みでなくてはならんと。
 チョロQをぐいいと後ろへ引っ張る、あれですな。
 どうせ悲観するなら、前向きの悲観にしなさいと。
 










 またしても、自戒をこめて。




 ☾☀闇生☆☽