やりきれないよ、
 まったく。
 まるでそんな風情で、がっくりと溜め息をもらされるのだ。
「はああああぁぁ…」
 どこでって、カウンターで。
 エロDVDのお会計時に。
 お客さんがさ。
 なにもそこまでして、
 などと思ったりもするのだが、
 なんか、ときどき出くわしてしまうのですわ。
 中高年が、疲れきった溜め息を長々と吐きながら、エロを買う現場にね。


 性(サガ)とはよく言ったもので。
 

 そういえばレンタルビデオ屋に勤務していたとき。
 いらいらと肩を怒らせて来店なさって、
 んで、ケンカ腰に商品棚をにらんで、
 口あけてガム噛んで、
 すきあらば店員に噛みつこうってな勢いで利用していく方々が、いて。
 どんな店にも必ず、いて。
 その様子を見ていた常連さんが、ひとこと。
 映画って、夢でしょ。
 ここにいる人たちは、そんな夢の愛好家ばかりでしょ。
 そこであんなに殺気立って、んでもって映画観て、なにがおもしろいのかしらと。
 うん、まったく同感だった。
 貸して、借りて、お互い様、のありがとございます。てな関係ではなくなっているのだな。
 
 
 で、今の店。
「俺はもう駄目だからよお」
 きまってそうこぼしながら、毎日のように熟女モノを買っていかれる独り暮らしのご老人が、おります。
 そういいながら、もう何年も毎朝一番乗りでやってくるのです。



 繰り返す、
 性(サガ)とはよくいったもので…。








 ☾☀闇生☆☽


 しかし、お客さんから見れば、きっとあたしもしょぼくれているはずで。