時給換算で食い扶持を得ているひとたちからすれば、ゴールデンウイークは青いのでしょうなあ。
 勤務する意欲があっても、肝心の勤務先が連休ではねえ。
 ううむ。
 それでいて親元をはなれて自立している人にとっては、なおさらだ。
 職を絶たれてバイトから再出発の人もそうだろうし。


 ううむ。
 幸アレ。


 などと考えながら勤務するここ数日でござった。
 はばかりながらエロDVD屋でござる。
 連休だからなのか問い合わせが多くて。
「広告で見たんだけど」
 そんなのも稀にだが、ある。
 たしかに専門誌に広告を出してはいる。
 んが、
「この写真のやつ、ある?」
 などと電話で問われても、広告は出すたびに取り上げる商品を変えているからわからない。
 ちなみにいつの何という雑誌の広告なのかを伺うと、電話の向こうで発行日を探す間がしばらくあったあとに、
「平成十年…」
 おいおい、と。
 十年以上前のエロ本ですかと。
 となればVHSであるのはいうまでもなく、経営者すら違うわい。
 店名まで違う。
 それは知らなくて当然であるとしてだ。それでいて「写真のやつ」呼ばわりは、さすがに分からない。
 すまぬ。繰り返す。
 分からない。
 存じ上げない。
 けどね、
 思ったよ。
 おそらくは古本屋で購入したらしきその十年前のエロ本の、色褪せた広告ページに載った、ちっぽけなエロビデオの紹介に、なにごとかただならぬ情熱を抱いて、アクティヴになったそのエナジー。
 それだ。
 それなんだ。
 あらゆる不可能を突き抜ける力というのは、嘲笑を屁とも思わずに突き進むドンキホーテのスピリットにある。
 うんにゃ、きっと、ある。









 とかなんとか、
 あなたいま、こいつよっぽど暇だな、とお思いになりましたね。
 しかしまあ、
 なんかの拍子にスイッチの入っちゃったときの、人間のエロへの突進力をなめてはいかんのですよ。



 ☾☀闇生☆☽