授業をサボッて屋上に寝転び、
 ひとり煙草をふかしている風情というのは、ある意味理想の不良像だ。
 言わずもがなRCサクセションの代表曲『トランジスタラジオ』でのひとこまであるが。
 彼の、群れない、
 で飄々とした風通しが、そんな青春のひとこまを、ありがちなウェットな鬱屈感から遠ざけている。
 反逆を暗くひねたまなざしにしないのだな。
 からっとさ。
 なのにソウルフル。
 むろんノスタルジーを押し付けるのでもなく。
 破壊に突っ走って酔うのでもない。
 言っとくけど、これってありそうでなかなかないからね。
 ここまで突き抜けた青さはね。
 そこだ。
 あたしゃそこに彼を感じているのだ。とこの度は認識した。
 でもってあの声だもの。
 なによりあの声だもの。
 だから、たとえ反体制的な表現をしても、ヤッカミや妬み由来の湿度がもののみごとに揮発しているのだと。
 空に溶け込む煙草のけむりのようだね。


 ☾☀闇生☆☽