そういえば、
 この小説をヒントにしたのでしょうか。
 少し前にちょっと騒がれましたが。
 余命わずかの女性が、その死を前にして結婚式をあげるという。
 友人たちの助けをかりて。
 あたしゃそれをくわしく調べたわけではないのですが。
 この美談。
 のちに花嫁の過去が暴かれたり、
 新郎のその後がさらされたりと、世間は鼻白んだ。
 けれど、
 その背景に、この小説のような葛藤の物語があったのかもと、想像をめぐらすこともできます。
 小説にはそんな想像を喚起する力もあるのです。



 ☾☀闇生☆☽