連城三紀彦著『恋文』新潮文庫 読了


 「恋文」
 「紅き唇」
 「十三年前の子守唄」
 「ピエロ」
 「私の叔父さん」収録。


 「恋文」の女がつらい。


 オンナは若くして病に侵され、もうあまり先がない事を知る。
 振り返れば、明けても暮れても地味な仕事をこなすだけの乾いた人生。
 そこでせめて心残りくらいはご破算にしておこうと、自然消滅の関係になっていたオトコに再会する。
 事情を知ったオトコは、妻子があるのを隠してオンナを看取ろうと家を出てしまう。
 ばかりか、オンナの未練を成就させるために、妻に離婚を申し入れるのだ。その上でオンナとささやかな結婚式をあげ、籍を入れてやりたいのだとまで。
 オンナへの、せめてものハナムケとして。
 妻は愛する夫の希望に、
 そしてそんな男を愛してしまったことに苦悩するが…。
 この話と、姪との淡く鮮烈な恋をつづった「私の叔父さん」は、下手すると男の、つまりは作者の願望に堕ちてしまいかねない。
 それを見事持ちこたえて感動へと昇華させた筆は、人間への深く慈しみに満ちた洞察に支えられて、強くしなやかなのだ。


 実は読む前に、偶然これの書評を目にして、筋書きを知ってしまった。
 言ってみればネタバレだ。
 けど、関係ないね。
 その書き手も『再読』の感想として綴っていたのだし。
 読み直して「恋文」の意味が改まった、と。
 ジャンルとしてはミステリ扱いになるらしいが、そのくくりもまた邪魔になるほどに技術が物語に溶け込んでいた。
 言い換えれば、衒いという臭みが無い。
 読み終えてふと志賀直哉なんかを読み直したくなったのは、どこか似た匂いを嗅ぎ取っていたのかもしれぬ。

 


 ☾☀闇生☆☽