朝から病院へ。
 といっても大したことではなく、なんかずっと患っている湿疹が悪化したのである。
 付き合いもながいので、今では無視してもいられるぐらいに慣れてしまった。
 けれど現在、求職のあれやこれやで精神的にてんやわんやであるからして、そんなときこそ健康から再点検しようと。
 そういうこった。
 で、混雑がいやなので一番に乗り込んでやったのだ。
 いつも一番乗りしているらしいご老人が、それを悔しがって看護婦に愚痴ってましたよ。
 ええ。


 それともうひとつ。
 かねてから食後に異様に眠くなることがあった。
 体中の血液がゲル状になったかのように、しばし思考がスローモー。
 仕事が滞ってしまうのだ。
 これも慣れっこでいたのだが、どうやら血糖値だとか、なんだとかがあやしいのだと知った。
 こじらせるとネガティヴを増幅させていくという。
 なんかその代表的症状にいくつかあてはまるので、食生活を見直すことにした。
 すでにダイエットに成功して、
 日頃から歩くことを心がけていて、
 さらには自炊の粗食を貫いていたのでこれまでは無頓着であったが、長年の飲酒がたたっていたのかもしれない。
 たたったのだろう。
 つけあがっていたのだ。


 ざまみろだ、俺。


 ましてや、帰宅が遅いから、いつも寝る直前の飲み食いであった。
 哀しき憂さ晴らしだ。
 だんだん無理の利かない年齢になってきてるのね。
 ともかく、これを機に、つべこべ言わずに玄米にかえることにした。


 さて、ご老人の恨みをかうほどにアクティヴをかましてしまったから、時間があいてしまったぞと。
 こんなに晴れているのに、すごすごと部屋に帰るのもつらいし。
 くらいし。
 なので急遽、上野に向かったのである。
 そこはひとつベタに桜でも見て来ようと。
 いや、花見の賑わいを見物しようと、そんな魂胆なのであーる。
 この天性の人ごみ嫌いも、ここ数年で少しずつ変化してきている。
 人そのものを観察するのは、おもしろいよ。
 折しも春休み。
 で花見だ。
 家族づれのひとコマひとコマに、想像を駆りたてるドラマがあって。
 初デートらしい初々しい中学生とか。
 相変わらず新入社員の場所取りらしき光景も、風物詩だし。
 あ、そうそう。
 動物園も新人教育の季節なのかな。
 ベテラン飼育員の隣で、直立不動で説明を受けている若い女子係員の姿を、何回も見かけた。
 草を食む象を撫でながら、皮膚の、皺の何ごとかを説明されてました。


 春だのぉ。


 動物園の動物たちはみなへこたれているだけだから、あまり面白いとは思わない。
 一通り歩いて、赤羽へ移動した。




 去年ここで書いた、団地マニア。
  ↓
 http://d.hatena.ne.jp/Yamio/20080216
 そのときあたしが見学したのが実はこの赤羽の巨大団地なのである。
 ここの桜が見たかったのだ。
 いやあ、美しかった。
 あれから多摩川アパートというマニアにとっての名所も訪れた。
 こちらは平地にカステラのように各棟が並んでいるもので、それはそれでだだっ広さの心地よさを堪能のできるのではあるが。
 赤羽のは、地形が起伏に富んで、景色が歩くほどに変化して楽しいのね。
 ありていに言えば坂道が多い。
 それすなわち住み辛さになるのかも、しれない。
 けれど、視覚の楽しさもまた、重要な生活要素だろう。
 酔っぱらいもおらず、
 むろん場所取りもおらず、
 はらはらと人通りの少ない道に、ひたすら降り落ちているのである。
 桜。





 この時期、桜にちなんだ曲が矢継ぎ早にリリースされますが、本物のまえではうるさいだけ。
 どこか遠くで、繰り返しバイオリンを練習する音だけが、していました。



 ☾☀闇生☆☽


 毎週のように西荻界隈を散歩している。
 あの町もいいなあ。
 けれど、今週は時間的に断念。


 追伸。
 ふくらはぎにマリオのタトゥをした外国人観光客に遭遇したよ。