RAPHAEL SAADIQの『THE WAY I SEE IT』
 と、
 GLEN SCOTTの『TRUST THE DAWN』。
 この新作ふたつが、なかなか良さそうだ。
 あたしゃタイコがいいと、聴き耳をたてる性分らしい。
 で曲がよければ申し分もない。
 こういう古き良きR&Bの血筋を脈々とうけつぎつつ、きちんと現在とパーソナリティでもって消化している人っていうのは、強いわ。
 やっぱ。
 それだけでその身の丈を支える『脈々』に、脱帽しないわけにはいかない。



 とかいいつつ、
 買うのはちょっち我慢と。
 節約、節約。

 
 求職。
 いまだ面接ひとつ、こぎつけることが出来ない。
 とろこで、みなさんはシカク。なにかお持ちですかね。
 資格ですよ、■。
 恥をさらそうか。
 あたしゃ普通の運転免許しか持っていない。
 しかも十五年以上の林家ペーパー。
 その十五年前だって通勤に原付を使っていたぐらいで。
 教習所を出て以来、たしか一度しか乗っていないのだ。
 まあ、それでも生活できてしまうのが、今となっては利便性の哀しさかと。


 就職に有効な資格というのもいろいろでしょうが、それ以上に年齢だともいいますね。
 経験もまたしかり。
 未経験OKなんてうたっていても「厳正に書類を吟味した結果」残念でした、と。
 いったい未経験の何を吟味すんのかと。
 

 アルバイトを面接する立場でいたころは、確かに気楽に年齢でふるいにかけていた。
 店長である自分より年上は、やりづらいなぁ、なんて。
 そんな、ふぬけた感覚で他人様の生活を左右してたのかと、今になっては痛恨の極み。
 にしてもだ。
 最近は「落選の通知はしません」なんてのが多いのね。
 なんだろか、これは。
 昔はそんなのなかったと思う。
 だから、まあ、あたしのやってた店なんかちっぽけですが、かならず自分で電話を入れてお断わりしていた。
 おひとり、おひとり。
 それがせめてもの誠意というか。
 そりゃあ、確かにやりづらいですよ。
 緊張もするし。
 なかには落選の理由を訊いてくる方もおったわけだし。
 

 今は、定型のひな型でのメールが届けば、いいほうかな。


 資格。
 そんなもの持たなくても生き抜いている人たちは、強いなと思う。
 心底、思う。
 よく資格をとるのを趣味とか、生きがいにしているひとたちがいて。
 なりふり構わぬその貪欲には、それはそれで首をかしげたものだったが。
 今となっては、それもたくましさであり。




 電車で乗り合わせるお花見帰りの酔っ払いたちは、そんなたくましい人たちなのかもしれず。
 それでこそ酔えるのだろうし。
 落語の『長屋の花見』のように、救いようのない貧困をからりと笑い飛ばす、なんてのでもないだろう。
 


 とはいえ、
 年齢のせいにばかりはしまいと。
 






 ☾☀闇生☆☽


 我ながらチキンだなと思うのは、聴きなれた音楽を遠ざけていること。
 なんだろう。
 ただでさえおたおたしているから、感情をゆさぶられたくないのかも。
 妙な恐怖感がある。
 映画もまたそうで。
 まあ、失業の経験もネタにはなるね。
 小説にでもしてみようかな。
 ただしその地獄を描くのではなく。


 妄想ですがね、
 年齢不問、未経験の集団で、なんかおもしろいことできねーかなぁ、と。




 『ええじゃないか』の大行進とかさ。
 企業家や政治からの救いの手を待つだけじゃなく、失業者がわから、世の中を元気づけるという。
 ある意味バカにならなきゃ乗りきれんぞ。