2009-04-13から1日間の記事一覧

そういえば、 この小説をヒントにしたのでしょうか。 少し前にちょっと騒がれましたが。 余命わずかの女性が、その死を前にして結婚式をあげるという。 友人たちの助けをかりて。 あたしゃそれをくわしく調べたわけではないのですが。 この美談。 のちに花嫁…

連城三紀彦著『恋文』新潮文庫 読了 「恋文」 「紅き唇」 「十三年前の子守唄」 「ピエロ」 「私の叔父さん」収録。 「恋文」の女がつらい。 オンナは若くして病に侵され、もうあまり先がない事を知る。 振り返れば、明けても暮れても地味な仕事をこなすだけの乾いた人…

恋文。