青きケツ。

J.D.サリンジャー著、野崎孝訳『ライ麦畑でつかまえて』白水uブックス 読了 恥ずかしながらこの歳でやっとこさ読了した。 思えば中学のころからトライしては挫折を何度もくりかえしてきた。 で、お盆による現場休工が長引いているため、この夏こそはと頑張っ…

ハンタ再読。

勝ち目のない敵とは戦うな。逃げろ。 そうだった。 イルミが弟キルアを支配するために仕込んだ洗脳の趣旨は、保身だ。 安全に。 ただただ自分だけを安全に。 そしてこうも言った、お前には友だちを作る資格は無いと。 それは弟を溺愛するがゆえのゆがんだ愛…

ハンタ再読。

ふと気になったのだが。 初期のころ、 つまりゴンが父ジンからのメッセージを聞くシーンがあったよね。 念でコーティングされたボックスに封入されていたカセットテープ。 そこに録音されていた、あれね。 あれをゴンとキルアが聞くシーンで、絵はその声の主…

査定。

ジブンの彼氏、お盆10連休っすう。 と聞いてわっと色めきだった同僚独身女子たち。 あっけなく「ホワイト企業いいなあ」なほんわかした空気に満たされてしまったので、 その彼氏が日給制の土木作業員だというオチまでは言い出せずにいるのを、遠くから謎の包…

『業音』再演版 感想。

松尾スズキ作・演出 日本総合悲劇協会の『業音』再演、池袋シアターイーストにて。(8/13) あらすじは公式でどうぞ。 ↓ otonakeikaku.jp しかしなんだ、役者の半数がなんだかんだでケツ出す芝居ってのもあれだな。 あれだよ。 生で見る他人のケツの威力。 そ…

ハンタ再読。

天空闘技場編。 7巻。 心源流拳法師範代ウイングのもと、念の習得にはげむゴン、キルア、ズシ。 そのキルアvsリールベルト戦。 リールベルトってのは念動車椅子に乗ってる電流の双鞭使いね。 この回のタイトルバックがしばらく登場のなかったクラピカで。 …

ハンタ再読。

だらりだらりと何度目かの再読をしている『HUNTER × HUNTER』。 いまやっと6巻目である。 天空闘技場編のゴンvsギド戦。 ギドってのはコマ使いでいながら自身もコマになっちゃうやつね。 ゴンは付け焼刃的にウイングにこじあけられた能力『念』の習得に没頭…

世代。

たとえばあたしは1969年生まれだが70年の大阪万博の世代としては勘定されないだろうし、実感もない。 ビートルズをオンタイムで聴いていた世代でもない。 なので学生運動、フォークゲリラ、サイケデリック、フラワームーブメントは単なる知識に過ぎず、肌で…

群盲交信。

ジャンルを問わず、なにか最近ハマってるフィクションものはありますか? とメールしたところ、マンガ、アニメ、映画、テレビドラマ、ゲームなどあらゆる方面のものを山ほど教えてくれた。 んが、 おかえしに「そっちは何にハマってますか」的な問い返しはい…

ふじっこさま。

ちぎったキャベツをボールにダンクして塩昆布かけてシェイクするだけで、ビールがおいしくいただけるという。 なんて安いおっさんなんだと感心しつつ動画をハシゴする夜勤明け。 ☾☀闇生★☽

記憶のなかの君。

多感な少年の記憶のなかから、 いや少女たちの記憶からさえ、 そう、だれもが無垢に輝くべき時代から、 そっくりポニーテールを抹殺しようってのか。おい。 初恋の記憶のなかからポニーテールを追い出そうってか。 ヒール履きたい。 ミニ履きたい。 髪染めた…

尾。

とある中学のポニーテール禁止問題。 あのな、中坊ってのはな、欲情するときはそれこそ箸が転がっただけでも鬼のように妄想をかきたてて欲情するものなんだな。 いやむしろ欲情の方がフライングしてきやがんだ。 チャイムが鳴っただけで立てなくなるほどにお…

ぐみ。

近所のスーパーの輸入駄菓子コーナーにこんなのがあった。 ↓ アーミーガイズ・グミ こういうのを自衛隊や旧日本軍をモデルにして製品化したらまたがちゃがちゃ騒ぐのだろうなあ。 で、こいつらが活躍するトイ・ストーリーはなんの違和感もなく鑑賞しちゃうの…

日々。

水曜は予定を変更されて現場の職長さんが復帰。 そのためヘルプで配置されていたあたしが外された。 他支社の仕事を振られそうな気配があったが、一度切られたエンジンを再始動するつもりはない。 スティーヴン・キングに倣って音楽を聴きながらの執筆を試み…

だん、だん、だんだんだだだだ!

某ラジオ番組、 MCの吉田照美の相方をつとめるなんたら坂46のメンバーちゃんが、好きな曲にYMOのコスミック・サーフィンをあげていた。 しかもイントロのドラムがいいとか、 間奏のドラムがいいとか、 叩いているときの幸宏の顔がいいとか、つーなことぬかし…

イラナイモノタチ。

現在の築地を愛おしいと感じるのは、どうやらあたしの感受性を構成するパーツのひとつ、廃墟好きの一面が感応しているらしく。 さらにそれを九龍城やブレードランナー的に翻案して愉しんじゃう、みたいな妄想力も相まってのことで。 つまりが他人事であるが…

荒れる。

例えばだ、 自動車の性能が向上すればするほどに、 その高い性能にドライバーの技術は支えられ、守られて、必然的に車体を頼るようになる。 頼るぶんだけ運転技術自体のレベルアップも可能になると。 しかし、それがただちに運転マナーや自他への安全性の向…

映画『精神』感想。

想田和弘監督作『精神』DVDにて 《観察映画》と銘打つドキュメンタリー・シリーズ。 今回は精神科診療所『こらーる岡山』を観察する。 まず気づくのはナレーション、音楽が排されていること。 そしてすべての患者たちが顔をさらしている。 淡々と、 といって…

無い。

ハイチュウのアイスバーが無い。 現場近くのコンビニでめっけて、惚れて、 連休中にまた楽しもうと自宅界隈のコンビニを5店ほど回ったが、 無い。 ハイチュウのアイスバーが無い。 ☾☀闇生★☽

おっさんである、 という事の罪と罰。 ☾☀闇生★☽

ほうれんそう。

報告・連絡・相談。 ほう・れん・そう。 これね、自分に義務付けられると反発するくせに、 自分をお客様と見立てた場合の警察とか役所とか企業などに徹底されてないと、糾弾しがちじゃございません? ☾☀闇生★☽

夢。

亡くした老犬が、 夢の中で子を生んでいた。 相変わらず、口臭かった。 ☾☀闇生★☽

フランキー&ジョニー。

アマゾン・プライムで『フランキー&ジョニー』を観る。 何年ぶりだろう。 VHS時代で、その全盛期にあたしゃそんなビデオ屋に勤めておった。 さらりと観られて、それでいてじんわり、ほんのりできる映画として店長推薦作にあげていた。 もとは大ヒットした舞…

食の幻術。

あれ? こんな味だったっけ。 と、ふと思ふ。 自炊へのモチベーションがどぼーんと落ち切った休日のことだ。 近所の有名ファストフード店でから揚げ定食を食していた。 券売機に硬貨を投入し、 メニュー一覧からカテゴリー名『定食』を選んだ。 『から揚げ定…

HUNTER x HUNTER NO.34

以下、ネタバレ。 連載再開に伴ってやっとコミックス新刊が出たー! 巻末に珍しく作者による『解説』がつけられていて。 んが、 有体は『反省文』、もしくは『言い訳』といった印象でござった。 人気キャラ、ヒソカとクロロの対決で。 なおかつ能力バトルの…

おもひでボロボロ。

築地。 上京したばかりのころにおきた放火事件にともない、警備で呼ばれたことがある。 当時もいまも変わらないのかわからないけど、 全体をみる常駐の守衛がいて、 それが夜中は巡回警備をしているのだが、 有体は露店の巨大な集合体にすぎないので、一店一…

追記。

なるへそ。 彼女たちをシンガーもしくはパフォーマーとして解釈している人たちがいて、この件に関して寛大なのはそういうファンなのではないかと。 もしくは同性のファン? 身近にモー娘。ファンがおりまして。 それがまたモー娘。の特定の誰かを推している…

ミッキーはミッキーか。

結婚宣言したアイドルの件。 銀座のホステスさんや人気キャバ嬢が営業時間内に客の前でおなじようなことをやらかしたとしたら、どんな感じなんでしょう。 想像すると楽しいですな。 そりゃあ『ニンゲンだもの』オトコくらいいるでしょう、と紳士面するのは簡…

評価。

普段『さん』づけであたしを呼ぶ先輩が、いないところで『ちゃん』づけにしている。 いじられている。 休憩中、現場からはなれた公園で着替えたとき、無線をはずしていた。 その間、彼らはあたしに呼びかけていたらしい。 返答がないので、電源を切ったか圏…

バイパスから何処へ。

哀しいかなニンゲンというものは自己実現せずにはおられない生き物であり。 それは規模の大小にかかわらず公への接点でのみ達成されるものであって。 家庭や交友関係ですら公の最小単位である以上、人はその願望からまぬがれられない。 とすれば仕事こそは、…

名前で呼べ。

ということで『HUNTER×HUNTER』の連載再開にそなえて、さらっと復習をしている闇生なのであるが。 蟻編の蟻たちには、 暗黙のうちに女王による絶対王政が布かれていたはずで。 んが、 一般蟻にまで名前をもつことを許しちゃったせいで、統制が乱れはじめると…

knocker.

言葉は壁であると同時に、 それが隔てた双方をつなぐ媒体でもあり。 媒体の材質次第では壁にもなれば導体にもなる。 ダムの湖面に電球を浮かべても 電球は光らない。 壁だからって、 壊せばいいとは限らない。 ねえ、 君の叩いてるそれ、本当に壁なの? ☾☀闇…

『悪魔とダニエル・ジョンストン』感想。

ジェフ・フォイヤージーグ監督作『悪魔とダニエル・ジョンストン』DVDにて 生きる伝説的ミュージシャンで画家でもあるダニエル・ジョンストンの半生を追ったドキュメンタリー。 双極性障害(躁うつ病)を患いながら、その妄想にとらわれ苦しむ当人と、周囲の…

ホケンのお時間。

ついには痴漢冤罪保険なるサービスが登場したといふ。 もういっそのこと交通費に車内トラブル保険をセットしてしまうとか。 券売機に保険付きの選択肢をつけるとか。 それ以前に痴漢保険をまず作るのがスジだろうに。 そうなってくると痴漢保険詐欺や痴漢冤…

雨。

やまない雨はない。 などと人はいふ。 んが、 降らない雨もないのであーる。 降っているのを雨といふ。 それだけだ。 降ったから雨なのであって、 降らないのならば雲だか湯気だか霧だか水蒸気であるわけで、 それがたまれば水であり、池であり、海であり、 …

貸してください。

都心の夜勤現場。 尿意極まって、近くのコンビニに駆け込むと、 「貸してません」 と、にべもない。 国道沿いにみつけた別のコンビニのトイレには『故障中』と張り紙がされていた。 うそつけ。 都心の夜ではおなじみの光景である。 じゃあ店員はどうしてるの…

ナニワトモアレ。

「俺、浪花節だから」 と鎮西出身の先輩がのたまう。 彼。手取り足取りの不屈の思いやりを売りにしているが、要は他者に任せられないワンマンタイプであーる。 その発言が同僚のあいだに広まって「浪花節って何?」となった。 簡単に言えば、昔気質の義理人…

身を保つ人。

現場への常駐を義務づけられた代理人役を、定年した嘱託さんにまかせるケースが増えているらしい。 あたしゃ、ちょいちょい出くわす。 彼らには工程や予算をどうこうする権限までは無く、 しかしそれでいて責任はある程度ひっかぶっているわけだから、大概に…

ときめき。

entabe.jp ↑ こーゆーの、法でしばってもらうわけにはいかんのだろうか。 いや、まだ試してないですけど。 夜勤帰りのローソンで、15分ほど握りしめて逡巡しただけですけど。 追伸。 なんかね、 つっかけにジャージ姿でしか会ったことのない幼なじみのドレス…

寅さん。

高畑勲、 みるたびにどんどん渥美清化してしていくなあ。 「知識はあるのに何も学ばないのをオタクという」(宮崎駿) ジブリのドキュメント映画『夢と狂気の王国』を観て。 ☾☀闇生★☽

ココマコ本。

西荻ニヒル牛の恒例イベント『旅本展』。 開催日に駆けつけたが、その時点でお目当てのココマコムーンの新作は納入されていなかった。 創作中らしい。 ならば近くまできたらまた覗いてみよう、などとその日はあきらめて帰った。 そんな気ままにぶらりと立ち…

薄さの問題。

女子アイドルグループがファンたちとの『握手会』ならぬ『ハグ会』を催したとかいう記事を見た。 headlines.yahoo.co.jp 現場はさながら、 www.jiji.com 除染作業員をねぎらう被災者たちの図、となったであろうと予想され。 生はNGだけどゴム付きならOK、と…

束縛する自由。

アマゾンプライムなんたらで松本人志の『ドキュメンタル』を観る。 招待された10人の芸人たちがそれぞれ100万円ずつを持ち寄り、密室のなかで笑かし合いをする趣向。 ルールは簡単。 笑ったら負け。 負けたら100万円を置いて退場する。 勝ち残ったひとりが残…

海の向こうとの距離感。

というわけで、書きながら『ダイ・ハード』を思い返したりしたのであるが。 あの作品の冒頭のほう、 黒人警官がパトロールがてらにコーヒーとドーナツかなんかを買っていたと思う。 むろん彼の勤務中のことであり、制服で、パトカーによる巡回中のことだった…

冠を継ぐもの。

沙村広明の『無限の住人』は新刊がでるたびに追いかけた。 結局、最終巻までつきあった。 不肖闇生は多少なりとも感受性をひっかかれることもあり、 人に勧めたこともある。 んが、このたびの実写化だか映画化だかしたのは、観ていない。 なので、あたしゃソ…

言わない。

人生ってのは、あれですな。 商売みたいなもので。 ともすれば混同しがちなのですが、独立するというのは、なにも孤立するということじゃないわけであり。 そして自立もまた孤立とは異なっていて。 その規模は、(有)闇生商店だか闇生物産(株)だか環境や経験…

あの国。

どうしてトップのひとだけ肥っているのだろう。 ☾☀闇生★☽

きれいなおうち。

老い先を、夫婦だけで暮らしていくのに心細くなったのだろう。 長男一家を家に迎え、自宅を二世帯住宅というのに建て替えたあたしの両親。 嫁は専業主婦のベテランで、いわゆるミニマリストというやつらしい。 家のなかは塵ひとつなく、整然として、無駄がな…

都市生活カタログ。

深夜のコンビニ。 イートインに居座って、 泥酔、号泣しながら豚キムチヌードルをやけ食いする水商売風の女子が、休憩中のガードマンをつかまえて身の上話をしている。 漏れ聞こえてくる言葉の断片から察するに、 ふられちゃったらしい。 でその、悲しみとご…

ほんの出来心。

リアクション動画というやつをハシゴしていて。 日本製のとある人気ゲームの新作発表に狂喜するファンのそれに行き当たった。 そのプロモーションが流れるや、どいつもこいつもOMGの連呼だし。 Shit!!の大量脱糞状態だし。 泣き出すのまでいたし。 怒ってん…